簡単なカーテンの作り方は安い布をミシンで縫うだけ!

お金をかけずに安く、簡単に、手間なくつくるカーテンって家計からすると嬉しいですよね。

こちらの番組、「ディスカウント トレンドセッター ショー~セーブ ザ マニー in a トレンディーウェイ~」という名前だけあり、カリスマが激安DIYのトレンディーな方法を教えてくれるのだそう。なんとも良い番組です。

これほどまでざっくりシンプルに作り方を紹介している動画はなかなかありませんので、紹介させてもらいます。

安い布を縫うだけ!簡単カーテンの作り方

ここでは、ミシンで縫う方法でを紹介していますが、ミシンが無い場合は、同じ要領で手縫いしましょう。今回は、細めの突っ張り棒でつるすことを想定して説明します。

材料

カーテンの材料

  • 安い布
  • マチ針
  • ミシン
  • メジャー
  • はさみ
  • ツッパリ棒

彼女が言うには、「もう本当に安い布で良いのよ!高い布なんて買う必要ないわ!」とのことですので、できるだけ安い布を探しましょう。生地屋さんにディスカウント品としておいている1m100円くらいで売っている布なんかが良いと思います。

作り方

  1. サイズを測る
  2. たてと横のサイズを計りましょう。

  3. カーテンを切る
  4. 裁断図

    カーテンの縫い代も含めたサイズで切ります。

    カーテンの上は+10cm、左右は各3cmで6cm、下は3cmが大体の縫い代になります。

    例えば横幅1m×縦幅1.8mのカーテンをつくるのであれば、横幅は+6cmで1m6cm。縦幅は+13cmで1m93cmサイズをとっておきましょう。

    この数はすべて2回山折をして縫う分の数値です。もし突っ張り棒がもっと太いようであれば、上は+10cmではなく20cmにするなど調整しましょう。突っ張り棒にあわせて調整をしてください。

  5. カーテンの左右を縫う
  6. カーテンの作り方

    まずはカーテンの左右を縫いましょう。

    机の上、床の上などに、裏面を表にして布を置き、1.5cm幅で2回山折にしたところでマチ針で固定し、縫い上げます。これを左右行いましょう。

  7. カーテンの上を縫う
  8. カーテンの上は、突っ張り棒をいれる幅を取るため、幅をとって縫います。

    細い突っ張り棒の場合は5cm幅で2回山折にしたところでマチ針で固定し、縫い上げます。この幅は、突っ張り棒の幅に合わせなくてはいけませんので、もし太めの突っ張り棒であれば、10cm幅くらい取るなど調整してください。

  9. カーテンの下を縫う
  10. カーテンの下は、左右と同じです。机の上、床の上などに、裏面を表にして布を置き、1.5cm幅で2回山折にしたところでマチ針で固定し、縫い上げましょう。

  11. つっぱり棒に通して完成!

カーテンの上部にある空間に、突っ張り棒などを通して設置すれば完成です。

突っ張り棒でなくても、麻紐などを買ってきてエスニックな感じでつるしたりしても大丈夫です。その際は、カーテン上部の折り返し縫いが太くなりすぎないように注意しましょう。

また、自分でゼロから作るのはちょっと面倒、という方には、こういったカーテンキットも販売されていますので、自分の好きな布だけみつけて作ってみるのも良いでしょう。サイズだけには十分注意してくださいね!

※写真は全て動画より抜粋しております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は編集チームが作成しました。
公開日:2013年10月29日
最終更新日:2014年6月2日