省エネ温風パイプ フレキシブルホットラインのレビュー

省エネ温風パイプ フレキシブルホットラインを何年も使っています。こたつとヒーターの間に置くことで、ヒーターの温風がこたつの中に送られて、省エネ対策もできて、こたつも暖められるという商品です。ホームセンターで見つけたので、省エネという宣伝につられて買ったものです。冬は暖房を家のあちこちで使うので、電気代が気になるので電気代節約のためということで購入を決めました。2千円くらいだったと記憶しています。

こたつ本体についているコンセントからの電気で温めるよりも、省エネ温風パイプの方が温まるのがとても早いです。ヒーターの風が一気に送り込まれてくるので、こたつ本体のコンセントから取り入れる熱よりも、自然にもわもわと暖かい風がくるので、こたつの中のぬくもりの具合も省エネ温風パイプの方が自然で気に入っています。

省エネ温風パイプのおすすめレビュー

onpu

省エネ温風パイプは、こたつの中を全体的に一瞬で暖めるうえに、とても自然な温まり方でこたつの中の温度も安定します。最近では省エネのためにというよりも省エネ温風パイプの方が足の温まりもまったく違うので、こたつの電気コンセントは一切使っていません。飼い猫も気に入っていて、猫専用のこたつをまだ出していない時は、省エネ温風パイプのこたつに入りたがります。猫にとってもやっぱり心地よい、もわもわした温風のようです。

2年から3年に1回程度省エネ温風パイプを買い替えしています。本来は性能も耐久性もとても良いものなのですが、深夜に私が2年から3年に1回くらいのペースで、酔った状態で帰宅した際に思い切り踏んでしまうというヘマをするからです。こういうヘマさえしなければ、軽く10年以上は持つ丈夫な商品だと思います。

フレキシブルホットラインと呼ばれているそうなので、その名の通り自由自在に柔軟に対応できるパイプです。曲げたい方向にある程度曲げて使うことができるので、温風ヒーターとこたつが真横ではなく、少しずれていても使うことができるようになっています。

省エネ温風パイプ ホットラインは、支える部分の高さが高いものも最近はけっこうあるようなので、温風ヒーターの風が出る位置と合っている、パイプを支える部分の高さがあるものを選びました。

ホットラインは、伸び縮みするので、季節外に保管しておくときも楽です。伸ばして使うこともできるので、伸ばすとかなり長くなります。保管のときは、縮めるので1メートルくらいになります。曲げられるので、保管のときも邪魔になりません。

省エネ温風パイプ フレキシブルホットラインは、温まり具合がこたつ付属のコンセントの熱より、暖まりが早いので足の温まり方もこたつのコンセントの熱よりも早いです。電気代の節約にもなります。フレキシブルホットラインは、ヒーターの風がパイプを伝ってこたつを暖めているので、こたつの布団まで暖かくなります。省エネ温風パイプは、電気代の節約と、暖まり具合も良好でこたつの布団まで暖められるので、手放すことができません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラーメン朝一さん / 岩手県
公開日:2014年11月6日