悪戦苦闘の猫の爪とぎ教育

私は猫を2匹家飼いをしています。猫は綺麗好きでトイレのしつけに関しては決まった場所でしかしない為、専用トイレを設置してあげれば簡単に済みます。
教育段階で大変なのが爪とぎです。爪とぎを教育しないと壁でどこでもしてしまう為、部屋の内装がボロボロにされ大変です。
1匹目を飼い始めた時にその悩みに直面し2匹目を飼う感じになっていたので2匹目がきて爪とぎが教育されてから内装を綺麗にしようと考え爪とぎ教育に奮闘しました。

猫の爪とぎ教育

猫の爪とぎ

はじめはトイレのように一か所に決めて爪とぎ用の商品を購入して置いてみるもののトイレの時とは違って簡単にはしてくれません。
猫が好きなまたたびを利用してみたり好きな玩具をつけてみたりしたんですが効果が無かったんですが解消されたのはおやつでした。
おやつを爪とぎ内部に忍ばせ臭いをつけてやることではじめはおやつ欲しさにガリガリし始めるんですが日にちが経つにつれて自然とその爪とぎ用で爪をとぎ始めたので同じ形で家の中複数の場所に設置してみたところ家の壁で爪とぎすることが無くなりました。
もしかして陰でしていたり?なんて不安もありましたが明らかに改善が見られたので壁紙を張り替え新しくしてそれで様子を見ようと思いました。新しくすれば陰でしててもすぐに発見出来るしまたその場所に設置すればいいのかなって思いでした。
しかし、見渡しても陰でしている痕跡もなくガリガリしているのは専用の爪とぎ用だけでした。
専用の爪とぎ用にはまたたびが付属されている物もあって使い方としては上記に記載してきたこととなんら変わりは無いと思いますがそれでも駄目な場合は大好きなおやつでつるのが私が学んだコツです。

普段から一緒に生活していると好きな物って分かると思うので好きなおやつを使うのも手段の一つです。
ちなみにおやつといってもエサなことから腐る心配もあることから私の家では爪とぎを変えるタイミングで中に入れているおやつも変えています。
それと猫は気まぐれな動物なのでうちのように2匹だからとかは関係なく家の大きさを考えて複数設置してあげると良いと思います。
例えば2階建てであれば1階と2階に設置するような感じです。
うちは工場の上が自宅のような感じでワンフロアに部屋があるような感じの家なのでトイレ、リビング、部屋と設置してどこに行っても爪とぎが出来るようにしてあげてます。
気まぐれとはいえ一応は決まった場所がメインとなりますが各設置した場所の爪とぎも使用してる跡があることから数を減らすことなく設置してあげてます。

猫は綺麗好きなのでシャンプーしなくても無臭なので家飼いでも臭いの心配は無いんですがトイレの臭いは猫に限らずどんな動物にも言えることなので場所と消臭に気遣う事をお勧めします。
爪とぎ教育とトイレの設置場所と消臭だけ気遣えば家の中が獣臭で悩まされるってこともなくなります。
猫も外へ出してあげたりして飼う人もいますがそうすると事故にあったり、病気をもらってきたり、野良猫と喧嘩して怪我して来たりする可能性があるので猫は家飼いでベランダに出してあげるぐらいの感じの飼い方が一番いいかと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
にゃんごろうさん / 東京都
公開日:2014年10月22日