マンションの小さいベランダでもOK!ウッドデッキベランダのガーデニング。

マンションの小さなベランダでベランダガーデニングを楽しんでいます。

数年前に友人のマンションにおじゃました時、リビングから続く緑あふれるおしゃれなベランダを目にして、感動したのがきっかけです。

ウッドデッキを敷きつめたベランダはまるでリビングの延長のような開放的なスペースになっていました。

色とりどりの季節の花たちに、グリーン、自然がいっぱいのベランダに憧れ、早速我が家もベランダガーデニングを始めました。

ガーデニングphoto by jamuraa

ベランダは洗濯物を干したりするスペースも確保しなければならないため、ガーデニングコーナーを限定して小さなスペースで始めることにしました。

ベランダガーデニングはウッドデッキ敷きから

まずはウッドデッキを敷くことから。

ガラッと印象が変わり、これだけでも素敵です。

ウッドデッキはガーデニングや園芸の専門店、ホームセンター、ネット通販なんかで購入ができます。

色も、薄いベージュから、濃いブラウンまで様々。自分の作りたいイメージに合わせてチョイスしましょう。

大事なのはサイズ。大きすぎたり、小さすぎたりしないよう、キチンとベランダの寸法を測り、ウッドデッキを購入しましょう。

白色をベースに色を増やしていくのがおすすめ

そしてごちゃごちゃしないようにお花の色はその時の気分でそろえるようにしました。

お気に入りは白をベースにして黄色やオレンジの花でそろえたアレンジです。元気が出るし、明るいベランダを作ることができます。

夏場は涼しげに白にブルーやパープルなどもいいですね。

白をベースにすると、どんな色でも合わせやすいので、季節感が出しやすいですよ。

またクリスマスシーズンなどは赤や緑など、イベントを意識したカラーにすると盛り上がります。

クリスマスガーデン photo by TheFutureIsUnwritten

おしゃれで可愛いガーデングッズもたくさん売られているので、ガーデンショップやホームセンターめぐりがとても楽しくなりました。

常に飾りすぎないことを意識して、シンプルでナチュラルなイメージを目指してコーディネートしています。

単なる趣味を越えた家族の癒しに

小さいスペースでもこのような空間を作ることで、ホッとできる癒しの景色を眺めることができて、毎日の楽しみにもなりますし、カーテンを開け放して、開放的なリビングにすることができます。

季節を感じることもできるので、子ども達も土に触れ、植物と接することができて、喜んでいます。

育てて食べる楽しみがある、ミニ家庭菜園などもよいですね。

このように、たくさん楽しめるベランダガーデニングですが、注意しなければいけないこともたくさんあります。

集合住宅でのガーデニングは、階下や隣家のお家に水や土が流れたり、落ちた葉っぱなどが散らからないように、気を付けなければなりません。

マナーを守りながら、楽しくベランダガーデニングを続けていきたいと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Marinさん/兵庫県/3LDK/5人家族子ども小学生
公開日:2013年10月22日
最終更新日:2013年10月26日