ホームセンターでDIY。木材の種類や選び方

ホームセンターで売られている木材でDIYをしたい。という時に気をつけたいことをまとめました。

ホームセンターで出来るDIY!木材の種類や選び方

mokuzai

木材は、種類によっては割れやすく、反りが発生することもあれば、ねじれやすいものもあります。木は、生きているからこそこのようなことが起こりますが、用途に応じて適切な木材を選べば、DIYでの作業もはかどります。
ということで、ホームセンターで購入できDIYに向いている木材を主に説明していきたいと思います。

ホームセンターの木材に針葉樹が多い理由

木材は主に、針葉樹と広葉樹の2種類があります。ホームセンターで主に取り扱っているのは、針葉樹の方です。針葉樹の特徴として、リーズナブルで加工しやすいという共通点があるからです。

DIYに向いている木・針葉樹は?

針葉樹には、スギ、ヒノキ、カラマツ、SPF、ホワイトウッドなどがあります。この中でもDIYに向いているのが、SPFとホワイトウッドと呼ばれているものです。

SPFの特徴について

SPFとホワイトウッドがDIYに向いている理由は、安くて柔らかく、軽くて丈夫でもあるのでDIYの加工に適しているからです。SPFは、Sスプルス(マツ)、Pパイン(マツ)、Fファー(モミ)をまとめて呼んでいます。

SPFは、水には強くないという特徴があるので、室内での使用に向いています。屋外で使用する場合には、防腐処理を加工しなければなりません。直射日光が当たる場所や乾燥の強い場所で使うと、ねじれ、反りや割れがおきる場合もあります。木が呼吸をして伸縮することが原因となっているので、ニスを塗れば呼吸しなくなるので変形はしなくなりますが、素朴で自然な感じは、ニスを塗ったことで損なわれてしまいます。屋外で使うものをDIYするのであれば、ウエスタンレッドシダーの方が向いています。

ホワイトウッドの特徴

ホワイトウッドは、樹種を表記しているものより、だいぶ安く買うことができるのが魅力です。ヨーロッパトウヒ、ヨーロッパプルース、ドイツトウヒなどの白木の針葉樹をまとめて呼んでいます。いわゆる集成材のことです。
白く美しい見た目が特徴で、柔らかく軽く、収縮もさほど見られないので加工しやすいのも魅力です。ただし、ホワイトウッドは耐久性が低いこともあるので、ちょっとした家具を作成するのに向いています。

屋外で使うものにはウエスタンレッドシダーを

ウエスタンレッドシダーは、屋外で使うものに向いています。特に、ウッドデッキにはウエスタンレッドシダーを使うことが多いです。ウエスタンレッドシダーは、耐久性が高く、腐食もしにくいうえ、柔らかくて軽量で加工するのに適しているので、ウッドデッキ材に向いています。丈夫なウエスタンレッドシダーの価格は割高傾向にあります。
抗菌力と防虫力もあるので、ある程度シロアリにも強いということもあります。
加工しやすいことから、机と椅子や棚などのDIYにも使えますが、ウエスタンレッドシダーを屋内で使うと、かなり稀ですが、ヒノキチオールが原因でアレルギー反応することもあります。ヒノキチオールは、甘い匂いがする殺菌力と防虫効果のある成分のことです。

このように、木材は種類によって適材適所の違いがはっきりしています。無理に向いていない場所に、合っていない種類の木材を使用すると、割れや反りといった現象が起きてくることがあるので、何をDIYするのか、使用する場所はどこなのかを明確にした上で、種類を選択すれば、完成後に失敗するということはありません。木材をカットする予定がある場合、切り出しの方向によっても性質が変化する場合があるので、ホームセンターのスタッフに直接確認することも大切です。

木材は直接見て選ぶことが大事

同じ材質で同じ商品の木材でも、実際目の前で直接手にとって見ると、木目に違いがあることに気が付きます。ヤニが出ている木材は避けます。色合いや木目などを確認しておくことは、DIYの完成後の見た目に大きく左右されることなので、木材を購入する際は、直接ホームセンターに行って自分の目で確認して、納得のいくものを選択すれば、木材を使ったDIYもより成功に近づけることができるでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は編集チームが作成しました。
公開日:2015年6月11日