レースを上手に使ったテーブルコーディネートの参考例

レースphoto byThe Linen Lavoir

優雅、繊細、美・・・そんな女性らしい雰囲気をテーブルに持たせるのであれば、やはりレースが1番でしょう。

そんなレースを使ったコーディネート。素敵なものがたくさんありますので、参考にしてみましょう。

レースを上手に使ったテーブルコーディネート参考例

そもそもレースとは、糸を使い透かしの模様を作ったもののことをいい、中世では「糸の宝石」と呼ばれていたのだとか。

レースphoto by Carolus

中世のこの荘厳な雰囲気とかって素敵ですよね。

レース×お花

レースphoto by_QUOI_Media

レースと言えば、やはりお花との相性が抜群。

レースが白いので、どんな色のお花でも可憐になりますよね。写真のように花びらの多いビビッドなものをセンターに持ってきても良いですし、たとえば白いゆりのようなおおぶりなお花を、ぽんぽんと飾るだけでもとっても素敵になります。

レース×キャンドル

キャンドルとレースphoto by Esther Spektor

レースともう1つ相性が良いのがキャンドルです。

白いレースに飾るキャンドルは、まるで結婚式のような厳かな雰囲気をかもし出してくれます。

お皿もホワイトで統一し、シンプルなシルバーのカトラリーなんかを使うと、より雰囲気がでますよね。

レース×キャンドル

レースphoto by Tommy Hemmert Olesen

ふつうのレースには飽きてしまった、もう少し普段使いのカジュアルなものを使いたい・・・そんなあなたには、こういった刺繍のはいった可愛らしいレースをオススメします。

通常のホワイトよりも、温かみのあるオフホワイトにに、カラフルな絵柄がついています。こういったレースであれば普段使いにも、もちろんお客さんが来たときにもどちらも対応できますよね。

こういったカジュアルなものには、小物などを飾ってもしっくり来ます。木製の温かみのあるオブジェとか、とても合いそうですよね。

低予算も嬉しいレース

本当に良いレースを買うとなると、少々お値段が張ってしまいますが、生地屋さんなどにいくと安いレースなども売っていますよね。ざっくりと切って無造作に木製のテーブルに置いたり、濃紺のクロスをしてその上においたりするだけで1歩上のものが出来上がりますので、参考にしてみてください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は編集チームが作成しました。
公開日:2013年11月11日