突っ張り棒と自作カーテンで部屋を仕切って暖房効果アップ

cur3

今回はおそらく一番簡単に、そして安く作れるカーテンの紹介です。という私もカーテンはできればこだわりたい派でして実際の窓には輸入カーテンをつけるなどこだわっているのですが、今回のカーテンを自作してみたのは部屋の暖房効果を上げるためです。

私の部屋は暖房器具が古いせいか冬になるとなかなか部屋が温まらず、何をしていても寒いという状況になってしまう部屋でした。入り口のドアの隙間を塞いだり、窓のカーテンを地面にまでつけたりと工夫はしましたが、それでも十分と言える効果は得られず…

そこで部屋を自作カーテンで部屋を仕切って暖房の熱が溜まるようにしてみました。室温もきちんとあがるようになったので一定の効果はありました。下記方法是非試してみてください。

3500円で出来る自作激安カーテン

使用した物

  • カーテン生地:2000円分
  • 突っ張り棒:1300円
  • 金具:100円×2種=200円
  • 合計3500円

用意するものは上記にまとめました。まず、それぞれの購入先を説明します。

カーテン生地

これはユザワヤという手芸用品やホビー材料などを扱うショップで購入しました。布を安く売っているお店というのは実はなかなか無くて、ネットで購入するにしても生地の厚みなどの確認ができないのでユザワヤさんは貴重です。

東京に住んでいる方でしたら日暮里の問屋街も有名ですので見に行くと面白いと思います。

突っ張り棒

こちらは一転してネットで購入しました。楽天でサイズなどを確認するだけでよいですのでネットが便利です。

金具

金具は100均のダイソーで購入しました。写真を見ていただければ分かると思いますが、2種購入し組み合わせています。事前に突っ張り棒の太さなどは確認しておくと良いでしょう。

cur4

窓につけるカーテンはこだわりたいという人でも断熱用にちょっとつけたりするときまで数万するカーテンをつけられないという人はいると思います。

cur2

私のケースは仕事部屋だったので見た目もそれほど気にしなくて良いという状況でしたが、濃い目の無地の生地も沢山ありましたので安っぽいイメージにはなりません。
是非、興味を持たれた方はお試しください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
makiさん/東京都/一人暮らし/マンション
公開日:2013年10月30日
最終更新日:2014年6月2日