リフォームの見積もりの取り方と注意点(基礎編)

リフォームにはお金がかかります。そのため、事前に出してもらう見積もりはとても大切です。
さて、リフォーム業者から見積もりを出してもらう際には、どのようなことに気を付けたらいいのでしょうか?

費用を比べるためだけではなく、相性のいい業者を見つけるためにも、まずは複数の業者から見積もりをとった方がいいでしょう。
その際、すべての業者に同じ条件で見積もりを出してもらうことが重要です。要望をリストなどにまとめておくと役に立つでしょう。

リフォームの見積もりの取り方。基礎編。

reform

現調して見積もりをくれる業者は信頼度が高い

また、見積もりをとる際に、その家をしっかり見てくれる業者かどうかチェックしましょう。現状をしっかり把握してからの見積もりでないと、実際の工事にかかる費用と開きが生じてしまう可能性が大きいのです。
また、規模の小さいリフォームであっても、見積もりは書面でもらうようにしましょう。

忙しいなどの理由で、見積もりを郵送などで受け取り、ご自分で確認する方もおられるかもしれません。
しかし、できれば業者に来てもらい、一緒に確認した方がいいでしょう。
見積もり書だけでは、具体的にどのような工事をするのか、読み取ることは困難です。
どこにどんな工事をしてくれるのか、どんな材料を使うのかなどといったことは、見積もり書を見ただけではわからないことが多いのです。
後々になって「思っていたのと違う」などとトラブルになることがないよう、業者に来てもらい、見積書と照らし合わせながら、工事の内容を確認させてもらった方がいいでしょう。

別途工事の可能性も

また、いざ工事が始まってから、追加の工事が必要になることがわかる、ということもあります。
例えば、壁を壊してみたら、壁の内部が腐っていた場合。こういったことは、事前の確認ではわからないことが多いものです。
このような工事の費用がかさんでしまうこともあるので、事前にどのような工事が追加される可能性があるのか、業者に確認された方がいいでしょう。実績のあるリフォーム業者なら、経験からある程度予測することができるでしょう。

また、別途工事というものが発生することがあります。リフォームに当たって必要になるガスや配水の工事、家屋や地盤の調査など、幅広い内容が含まれます。
見積書に「別途工事」と記載があった場合、その金額は見積もり料金には含まれていないものです。
どんな工事なのか、いくらぐらいかかるものなのか、こちらも確認が必要です。

相見積もりは価格だけでなく内容も理解が必要

数社の見積書を見比べて、一番安いところに頼んだはずなのに、見積書に書いていなかった費用がかさんで、結果的に割高になってしまった。なんてことになったら、せっかくの手間が無駄になってしまいます。
また、業者との意思の疎通がうまくいっておらず、いざ工事をしてみたら、思ったものと違ってしまった、などというトラブルも避けたいものです。
見積もりをとる時には、そこに書いてある価格だけでなく、記載されていない費用についても確認が必要です。
加えて、要望を聞いてよいプランを出してくれるかどうか、また、きちんと説明をしてくれる業者かどうかも、見積もりをとった際にチェックされた方がいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は編集チームが作成しました。
公開日:2014年9月4日
最終更新日:2015年3月23日