洋室の壁紙を自分で張り替えてお洒落にリフォーム!

壁紙張替えphoto by_BromfordGroup

洋室の模様替えなどは、案外簡単にできるものです。
特に壁紙などは、自分でリフォームする時に必要なものはネットでも販売しています。
その手順などの工程を、よく考えておくことも簡単リフォームには重要なことです。

洋室の壁紙をお洒落にリフォームするポイント

壁紙を張り替える際のポイントをいくつか紹介します。ただし、壁紙の種類などによって方法はことなりますので、きちんと手順などを個別に確認しましょう。

汚さないための事前準備は徹底的に

壁紙の外す時には、コンセントボックスなどは事前に外しておきます。
さらに、床なども養生しておくほうが後々汚れがつかないので楽です。
一番お勧めなのが、大工さんが利用するようなブルーシートなどを敷き詰めておくことです。
養生シートのようにずれたりしないので、足元の確保がしやすく、作業がしやすいのです。

専門道具はそろえよう

あるもので乗り切るのも良いですが、やはりあったほうが便利なのが専門道具です。

脚立や鋏、専用のカッター類なども用意します。また、汚れた時にはウエスなども容易しておくと便利です。

ウエス (Waste) とは、機械類の油を拭き取ったり、汚れ・不純物などを拭き取ってきれいにするために用いる布である。

パテを活用しなだらかに

壁紙には、必ず継ぎ目があります。その部分からカッターを入れて、ゆっくりとはがしていきます。
壁紙をはがしてしまった時に、でこぼこしている場所があれば、専用のパテを使ってなだらかにします。

このパテは、石膏ボードでへこんでしまった場所や、釘などを打ってしまった穴にも利用できます。

さらに、全部はがした後は、水平を計り、きちんとサイズどおりに印を打ってきます。
これをしておくと、正確に壁紙を張ることができます。

住んでいる家にあわせて壁紙の種類を選択

壁紙はデザインで選べばいいわけではありません。機能性も確認しましょう。

壁紙には、糊のついたタイプと、糊のつかないタイプがあります。
好みなどによってタイプも選ぶことができるのです。

一枚目を、サイズを計った壁の線に沿ってつけていきます。
この時に、しっかりと線に合わせてつけていくことが重要です。

さらに、専用のなでバケでしっかりと空気を抜いて貼り付けていきます。
ある程度貼っていったら、地ベラとカッターを使い、余分な壁紙をカットします。

次の壁紙を張る時には、柄物の場合などはしっかり柄があっているかどうかなども確認することが大切です。
貼り合わせて重なっている部分は、カッターで丁寧にカットします。そしてカットした部分を取り除き、専用ローラーで2枚を綺麗に張り合わせていきます。

この繰り返しの作業によって壁紙はつけることができます。

危ない作業などではないので、女性などでも簡単にできます。
家を簡単に模様替えするには、壁紙のリフォームはとても簡単にしかも安くできるものなのです。

一見大変そうに見えますが、やってみると案外楽しく簡単にできます。無理!と思わず、まずは小さな場所からトライしてみると良いですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
wimoさん/埼玉県
公開日:2013年11月20日