宇都宮川沿いの雑貨屋さんアンインク

宇都宮の中心アーケードから少し入ったところの、小さな川沿いに雑貨店アンインクがあります。このローケーションは、本当に可愛らしくて素敵です。小さな川はまるで、どこか外国にきたような佇まいで、川沿いには個性的なショップがちらほら並んでいます。

私がおすすめするアンインクは10周年を迎えたそうです。私はアンインクからはかなり遠方に住んでいるので、この10年で3回しか行ったことはないのですが…

いつもいつも、とても幸せな気分になり、セレクトされた商品のセンスと、ディスプレーのセンスに感動しながら、お買いものに没頭してしまうのです。2回目に行った時に気づいたのですが、お店の入り口にはかわいいワンちゃんがいるんです。1回目にもいたのかもしれないけど、おとなしくてわからなかったのかもしれません。

宇都宮アンインクのお気に入りポイント

uninc

アンインクのすごいところは、やはり店主のセレクションのセンスの良さに尽きます。そして、価格はすべてがリーゾナブルなのです。それも店主のセンスと言えましょう。

私がお店を訪れる時は、車なので、少し大き目の物もたくさん買って帰ろう!と気合いが入ります。最初は偶然見つけたお店で、とっても気に入ってしまい、たくさん買い込んだのですが、2回目以降は、宇都宮には用事があっていくのですが、アンインクにも寄るというのが、もうひとつの目的になっているんです。

アンインクで買ったものでお気に入りは、バルコニーに置いている籐でできた花台で、机として使っています。バルコニーにコーヒーを持って出る時にはぴったりです。アンインクで購入したものは他に、水差しやかごなどがあります。
すべてアンティーク風に加工がしてあるものですが、私はアンインクで見つけるこのような物がすべて気に入るのですが、理由があります。
それは、余計なロゴなどがついていない、ということです。
例えば、木箱のようなものも、ロゴやローマ字がわざと入っているものが多いですよね。
シンプルにロゴ無しが中心ですが、入っていても、本当にフランス語だったり、非常にセンスがよいものばかりです。
そして、そういった商品は、庭などで園芸用品としても使えますが、キッチン用品としてもインテリアとしても使えるような物が揃い、使う人のセンスで活用しやすいものばかりです。

アクセサリーも素敵な物がたくさんあります。ジュエリー作家や陶芸作家さんとのお付き合いで、商品を販売しているものもあるようです。

店内のディスプレーは、自分もマネしたくなることばかりです。ワイヤーでできたシンプルなカゴは、シックなあじさいのドライフラワーを入れて、お店と同じように自宅で楽しんでいます。

アンインク URL:http://uninc-zakka.com/index2.html

スポンサーリンク
スポンサーリンク
パリスさん / 東京都
公開日:2014年10月4日