狭い家なら物を捨ててシンプルライフを!

私は夫婦二人暮らしで、駅前のかなり便利な立地条件に住んでいるのですが、家賃がとても高いので1LDKという狭小住宅に暮らしています。

物を少なくシンプルに生活する方法

この狭さで夫婦二人で快適に暮らすには、出来るだけ物を少なくしなければいけません。
今の家に住んで5年。快適に暮らしておりますが、いかにして物を少なくしてシンプルでフットワークの良い生活を手に入れたかを紹介したいと思います。

余計な収納家具は絶対に買わない

家には最低限の収納がついています。それで足りないために、多くの人はタンスとかチェストとかいろいろな収納家具を購入します。しかし収納家具なんて、置けば必ず物が増えますし、収納家具を置くだけで部屋は狭くなります。ですから、基本私たち夫婦は収納家具は極力買わないようにしています。

ベット下の収納をフル活用すること。押入れ収納の3段チェストを一つ購入してこれもフル活用すること。そして長物が掛けられるクローゼットと、一件分の押入れ、これをフル活用して、ここに入るだけの物を持つことにしています。物が収納できなくなったら、収納できるように何かを捨てる事は、すっきり暮らすための大切な決断です。

収納物は1年に一度チェックする。

洋服にしても下着にしても、その他アクセサリーやバッグ、細かいものたちも、必ず一年に一回は精査します。一年に一度も日の目を見なかった服や靴やバッグなどは、リサイクルショップに売りに出します。二束三文にしかならなくても、捨てるよりは良いかなと思うからです。でも捨てることが苦にならない人は、使っていないものは今後も使う事はまずないと思うので、どんどん捨ててしまう事をお勧めしたいと思います。また下着や、文具、キッチン用品等々売ることが難しそうなものは、私も一年使わなかったものは潔く捨てています。

購入する前に必要か5分考える。

思いつきで買ったり、一目ぼれで購入したりしたものは、似ているような服や靴があったり、すぐに飽きてしまったりという危険があります。結果タンスの肥やしを増やすことになるのです。ですから、何かを購入する前に「これに似たものがなかったか」「これを買ってずっと使えるか」「今持っている度の服とコーディネートできるか」という事を理性的に考えるようにしています。買い物を控えるという事も、シンプルライフの第一歩なのです。
この5分というのには理由があり、人は5分経過すると欲求が薄れるように出来ているそうです。どうしても欲しい!と思ったら5分間その場を離れて考えてみましょう。

少ないもので上手に暮らすシンプルライフのメリット

少ないもので上手に暮らすシンプルライフには、とてもメリットがあります。

①とにかく家がすっきりしている。

友人の家に行って物であふれかえっているお部屋に行ったりすると、私はとても居心地悪く感じるのですが、自分の家に関して言うならば、台所もリビングも、寝室も、どこを見てもすっきりしていてとても気持ちが良いです。
友達が遊びに来るという時も、夫の親が我が家にやってくるときも、あわてる必要はありません。
いつもすっきりしているからです。

②シンプルライフは最大の時短ライフでもある。

掃除や、季節ごとの服の出し入れ、物の管理などにかける時間が少なくても良いというのはシンプルライフの最大のメリットです。
余計な収納家具もないので、フロアの掃除も楽々、台所の掃除も楽々です。
現代人はとにかく時間がほしくて、少しお金をかけても自分の時間を手に入れたいという価値観を持っている人も多いです。
それなら、まずもっているものを精査して、シンプルライフにするならば、管理や掃除の時間が本当に少なくて済むのです。

③何と言っても経済的

良く考えて物を買う事、収納できる以上のものを持たない事、これを心がけるととにかく経済的です。
出かける度に何かしらの買い物をしては、すぐに飽きて押入れの肥やしにしてしまうというのは本当に不経済です。
働いているので、その対価として得たお金を何かに使いたいという気持ちはわかりますが、とりあえず貯金をしたり、美味しいものを食べたりと、有意義な事に使いましょう。
買ったのに使わない、買ったのに着ないというのが一番の無駄遣いです。
シンプルライフはそんな無駄遣いを避けることができるので本当に経済的なのです。

こんなシンプルライフを試してみると、案外病み付きになること必至です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ゆんさん/宮城県/夫婦二人暮らし
公開日:2014年5月14日