北欧風にマリメッコをお部屋に取り入れた暮らし方&日本でマリメッコが買える場所

北欧と言えば、マリメッコを1番に思い出す人も多いのではないでしょうか?

フィンランドのアパレル・インテリア・テキスタイルブランドであるマリメッコは、大胆で斬新、それでいて親しみのあるデザインで世界中から愛されています。

マリメッコphoto by_Elvert_Barnes

日本では「北欧風な家にしたいならマリメッコ」というイメージもあるくらい、家、部屋、インテリアと深く結びついていますよね。そんなマリメッコを取り入れた生活を紹介したいと思います。

マリメッコの歴史やデザインについてもっと知りたい方はこちらをご覧ください。→マリメッコ。北欧風なお部屋を目指すなら必ずチェックしたいフィンランドブランド!

家にマリメッコを取り入れた生活

マリメッコのその素晴らしいデザインはそのまま「生地」として購入することが可能です。

フィンランドではこの生地を買って来て、自分で洋服を作ったり、鞄を作ったりしている人がとっても多いんですよ。

マリメッコで手作りphoto by_designmilk

おなじく部屋のファブリック製品も、ささっと作ってしまうのがフィンランド流。

カーテンやクッション、ソファカバー、ランチョンマットなどなど、取り入れられる場所は無限にあります。

まずは好きな生地と出会うのが、北欧風のお部屋を簡単につくる方法かもしれません。

オススメはファブリックパネルやカーテン

取り入れやすいのは、ファブリックパネルやカーテンでしょう。

ファブリックパネルとは、油絵を書くようなキャンバスに、布を貼ってつくるアート。本当に簡単に出来てしまうえに、大きいものであればあるほどお部屋の印象をガラリとおしゃれにしてくれます。

ファブリックパネルphoto by_juhansonin
ファブリックパネルphoto by-carolyn.will

簡単なファブリックパネルの作り方はこちらをチェックしてみてください。→お部屋を素敵に彩る!手作りファブリックパネルの作り方。

あと1つはカーテン。

大掛かりなものでなくても、たとえば棚を隠すような目隠しカーテンや、小窓につけるカーテンに好みの布を使えば、それだけでもお部屋の印象が変りますよね。マリメッコで好きなきじを選び、そして家の中に少し取り入れる・・・

その柄の持つ北欧っぽさが、きっとお部屋を素敵に彩ってくれると思います。

カーテンphoto by_storebukkebruse

簡単なカーテンの作り方は、こちらをチェックしてみましょう。→突っ張り棒と布でと留め具でできるカーテンの作り方

マリメッコの生地が買えるお店

日本にも喜ばしいことにマリメッコが進出してくれたおかげで、生地が手に入りやすくなりました。以下のような直営店があるので、まずは近くに寄って見ましょう。

関東エリア:マリメッコ表参道、丸の内、池袋、吉祥寺、横浜、銀座、伊勢丹新宿店、自由が丘、玉川高島屋S.C
北海道、東北エリア:マリメッコ札幌、仙台
甲信越、北陸エリア:マリメッコ新潟
東北、近畿エリア:名古屋、大阪、難波、神戸、京都、梅田、阿倍野
中国、四国エリア:マリメッコ広島、松島
九州エリア:マリメッコ福岡、熊本、鹿児島、小倉、佐世保

以上、マリメッコを取り入れる生活の紹介でした。

たくさんある布地。きっとあなたの好きなものが見つかると思います。

北欧風の第1歩に、是非マリメッコを取り入れてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は編集チームが作成しました。
公開日:2013年11月28日
最終更新日:2014年3月22日