お掃除ロボットマミロボットポロのレビュー

韓国産のお掃除ロボットです。掃除機としての機能に水拭き機能がついています。フィルターは使い捨てで、ダストボックスは水洗いOK。落下防止センサーと光センサーを搭載しています。
ハンディクリーナーの付属あり。航空機着陸誘導システムに似た誘導機能で、充電が必要になると、ロボットが自分でステーションに戻って充電します。ハンディクリーナーも同時に充電でき、使わない時の収納場所に利用できます。

お掃除ロボットマミロボットを使った感想

souji

我が家の住まいは2階建て一軒家。掃除機を抱えて階段を上がり降りするのは、正直おっくうなんです。それに、家の中で中型犬を飼っているので、毛の生え換わり時は、それはそれは家中毛だらけになります。それに、寝室のベッドは大きくて低いため、ベッド下のお掃除も苦痛でした。その頃主婦の憧れだった「ルンバ」が欲しいなぁと思ってはいましたが、高額すぎて、さすがに手がでませんでした。それが、ネット通販でこの自動掃除機を知りました。ルンバが7万円弱の価格に比べ、こちらはハンディクリーナー付で3万円台。コレだ!コレは買うしかない!と、購入を決意。それが3年前のことでした。

なぜ、私がこの商品に飛びついたかというと、マミロボットは私の苦手な拭き掃除もやってくれるとわかったからです。しかも、部屋や階段の隅に掃き溜まった毛も付属のハンディクリーナーでササッと掃除できると思ったわけです。

実際、購入して使ってみましたが、ロボットとは言え、お手伝いさんのようにはいきません。吸い込みも、拭き掃除も、稼働範囲も、及第点スレスレ。2時間の充電で稼働できるのは約2時間。それだけあれば全部のお部屋をお掃除してくれそうですが、変な動きであまねく移動してるようには思えず、ついつい一部屋に時間をかけてしまうので、掃除途中で数部屋残したまま充電切れになります。なので、普通の掃除機では掃除しにくいお部屋やスペースを担当してもらい、別の部屋は私が普通の掃除機でやっております。

マミロボットって、ONにすると「こんにちは、マミロボットです」って、しゃべるんですよ(笑)だからか、できは悪いけど憎めないお手伝いさんみたいです。でも、マミロボットの特性がわかれば、おのずと使い方がわかってきます。全部を任すのではなく、要所要所で使っていくのがいいみたいです。ハンディクリーナーの方は力は弱いですが、埃や毛などの軽いゴミはしっかり吸い込みます。なので換毛期には重宝してます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
花鳥風月さん / 福岡県
公開日:2014年9月17日