ダイキンの加湿空気清浄機で、風邪をひかなくなりました。

ダイキンの加湿空気清浄器を買ってから、快適な冬を毎年過ごしています。加湿空気清浄器を購入してから、風邪やインフルエンザにかかったことがありません。購入してから、2年3ヶ月たちました。機種は、ダイキン加湿空気清浄器MCK70MKS Wです。

ダイキン加湿空気清浄器MCK70MKS Wのおすすめレビュー

kuikiseijoki

冬以外でも、秋と春でもけっこう使っています。
ダイキンの加湿空気清浄器を買う前は、タイガーの加湿器を使っていました。タイガーの加湿器もかなり良いものでしたが、家族に奪われてしまったので、ダイキンの加湿空気清浄機を購入することになりました。
タイガーの加湿器が自分の部屋にないまま過ごした冬は、やっぱり風邪をひきました。ということで、ダイキンのMCK70MKS Wの購入に至りました。

冬になると、リビングに洗濯物を干すこともあります。ダイキンの加湿空気清浄機を買う前は、洗濯物に食事のニオイがべっとりついてしまって、せっかく洗濯をしても着る気が失せてしまうこともありました。
でも、空気清浄機を買ってからは、洗濯物にまったくニオイがつかなくなりました。空気清浄機を買ってからは、洗濯物がいつも、快適な衣類やタオルのままなので洗濯物が大量に出た冬の日も、ダイキンの空気清浄機でかなり助かっています。

ペットのトイレの掃除ができないとき、ニオイがしていたらどうしよう、と思うこともありました。
飼っている人にとっては、いつものニオイで分からなくても、客にはわかることもあると思うので、気にする機会が多かったですが、空気清浄機を置くようになってからは、その心配もすることがなくなったので、ストレスがなくなりました。
家は、客の多い家なので、動物臭がする!と思われたらどうしようと思っていたからです。ダイキンの空気清浄機は、稼働させるとすぐに、生活に関する全てのイヤなニオイを消してくれます。

購入したのは、ケーズデンキで3万5千円くらいだったと思います。私は、重症の花粉症ですが、花粉のシーズンもとても助かっています。
花粉のシーズンは、一日中くしゃみをしながら鼻水と戦って、涙目になっていますが、空気清浄機MCK70MKS Wのある部屋にいると、楽になります。花粉のシーズンは、部屋から出たくありません。

冬に出番の多い加湿器は、水のタンクが大容量なので、一日付けっ放しでも水を追加しなくても、一日は持ちます。

tank

ストリーマのお知らせは、大きく見やすくなっているので、遠く離れていてもすぐ確認できるので便利です。ダイキンの空気清浄機は、集塵力もかなり高いです。掃除をさぼっていると、ハウスダスト機能が頑張ります。フィルターには、ペットの毛やほこりがたくさんついています。

oshirase

洗濯物を干したり、食事をしたり、食事を作る場所が共通しているような部屋を快適に過ごせるように、大活躍してくれます。空気清浄機を強めにかけていると、作ったメニューから出るニオイもしません

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:2014年10月4日