YAMAZEN 山善シーズヒーター DB-J10は体がよく温まる

山善のシーズヒーターDB-J10のレビューです。YAMAZEN山善のシーズヒーターDB-J10は、秋の季節を快適に過ごすことができます。山善のシーズヒーターのDB-J10を7年くらい前に買いました。石油ファンヒーターを使うのはまだ早いかなという感じの9月10月を、快適に過ごす暖房が欲しかったので、YAMAZEN山善のシーズヒーターを買いました。

YAMAZEN 山善シーズヒーターのレビュー

yamazen

購入場所は、ケーズデンキです。1万円以内で買ったと思います。そのときの売り場には、ハロゲンヒーターやカーボンヒーターもあって、なかにはリモコン機能のついているヒーターもあったので、悩んでしまって全然決められませんでした。

どれにしようか散々悩んで、店員さんを巻き込んで現場に2時間くらいとどまってしました。予算が1万円前後でどれにしようか、なかなか決められずにいたときに、店員さんがスイッチをそれぞれに入れてくれて、温まる具合や熱を発する部分の光の明るさの具合や暖め具合の差から、電気代の違いなどそれぞれの特徴を丁寧に細かく説明してくれたうえで、山善のDB-J10に決めました。

DB-J10は、リモコンがありません。単純機能の暖房だと寿命が長いということや、DB-J10のヒーター部分は派手な明るさにはならないが、体をじんわり温めることができるという説明がありました。10年は使いたいのであれば、山善のシーズヒーターDB-J10がいいということでした。

全部にスイッチを入れてくれて、それぞれの暖房の前で温まってみましたが、確かにシーズヒーターが柔らかい暖かさでありながらも、体の芯から温まる感じが実感できました。なかには派手な明るさを出すものもあって、演出の暖房もあるという話を聞けました。

DB-J10が温まった状態で、夜に暗いところで電気を消すと、赤みのある熱を確認できます。派手な明るさはありませんが、ヒーターパイプは、落ち着いた明るさなので眩しいということがないので使いやすいです。店員さんによれば、「山善DB-J10で、焼き芋が焼けた」と嬉しそうに話していたのも印象に残っています。多分、これ、本当だと思います。

というのは、ドライヤーが突然故障してしまったとき、ドライヤーの代わりにDB-J10で髪を乾かしたら、すぐに乾いたからです。タオルドライをした後にドライヤーを当てる要領で、髪を動かしながら乾かしたら5分程度で乾いたからです。ちなみに私の髪の量は多くて肩より少し長いです。

電気代は500Wで1時間11円、2時間で22円です。雪が積もる地域で古い家に住んでいるので、真冬の古い家の部屋をこれだけで乗り切るのはさすがに難しいです。でも、使い方によって真冬でもシーズヒーターで部屋を暖めることができます。

真冬は、石油ファンヒーターで一度部屋の温度を上げます。部屋の温度が安定してきたら、山善のDB-J10のシーズヒーターに切り替えて使うというやり方で乗り越えられる日もあるくらいです。

山善に、シーズヒーターについて質問があったので、メールして聞いてみたことがあります。サポート対応がとても早くて、回答も丁寧なものをいただきました。現在7年目ですが、毎年安定して部屋を暖めてくれます。体と部屋を自然にほんわりじっくり、芯から温めてくれます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラーメン朝一さん / 岩手県
公開日:2014年10月14日