間接照明の施工例紹介!リフォームや新築を考えているなら素敵な間接照明を取り入れてみよう!

間接照明photo by-Landscape-Design-Advisor

間接照明の施工例の紹介です。素敵なお家がたくさんありますので、参考にして見ましょう。やはり参考になるのは海外のものが多いですね。

間接照明の施工事例紹介

日本と海外では、基本的にインテリアに関する考え方が違います。

日本は昔、木で家を作ってきたため、家は壊れるものであり、インテリアに対する執着もそこまで高くありませんでした。それゆえ、インテリアなどもすべてついた状態でマンションや一軒家が売られているのが普通です。

一方ヨーロッパなどは、石造りの家であったため、家は長く使うもの。インテリアに対するこだわりも人一倍強く、すべてオリジナルで作る人が多いです。

その違いもあってか、長年日本の家は上から照らすタイプの照明が一般的でした。しかし、最近家を建てたり、リフォームされるという方の中には、オリジナルの間接照明にこだわる人も増えているようです。素敵なことですよね。

一般的な照明ではなく、間接照明にしたり、スタンドグラスタイプにしたり、細かいライトをたくさんつけたり、必要最低限の灯りだけを灯すようにしたり、バリエーションが様々。ここで紹介する間接照明も、壁に当てるタイプや下から照らすタイプなど、方法も様々ですので、色々みて参考にして見ましょう。

写真で見る間接照明の空間演出

読書に合う間接照明photo by seier+seier

ベッドの横には、こんなランプのような間接照明が素敵ですね。壁の上から下を照らすように設置されているので、目がまぶしくならず、寝る前の読書などにも最適です。

間接照明photo by ralph and jenny

間接照明を上手に使っているのがホテル。照明を落とすことで、普段の家との違いを浮き立たせ、特別感を演出してくれます。もちろん、家に取り入れれば特別なお部屋になりますよね。この照明はカーテンを照らしているので、布の曲線が影を作り非常に美しく見えます。ワンランク上のお部屋になりますよね。

寝室の照明photo by loppear

ベッドの裏の壁から、天井を照らすタイプの間接照明です。灯りがすべて目線より上を向くので、まぶしい感じが一切なく、かつ、部屋全体を照らしてくれます。明るいけれど落ち着けるという素敵な寝室になりそうですね。

明るい間接照明photo by BAKOKO

間接照明は取り入れたいけれど、白く明るいお家にしたい!という方も多いのでは?間接照明は、“ちょっと暗い”というイメージがありますが、そんなことはありません。ライトの色が白で、かつ天井ライトも白系であれば、ただ白いだけでない立体感のある奥行きがでる部屋になります。簡素になりすぎない遊び心のあるお部屋ができますよね。

間接照明photo by Landscape Design Advisor

中庭のような場所や玄関などにぴったりな、下から照らす間接照明です。植物などを飾れば、その植物の壁がお部屋のアクセントにもなります。また、玄関などでは足元をしっかり照らしてくれるといった安全面でのメリットも。なんだかリゾート地に来たみたいな素敵な演出ですね。

日本のお部屋でも、リノベーション、リフォーム、新築などのタイミングで、間接照明を取り入れたものが多くなっています。ぜひ、参考にしてみてください。自分で設置する場合は、間接照明の作り方を参考にしてみましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は編集チームが作成しました。
公開日:2013年10月30日
最終更新日:2014年7月10日