ニトリの卓上型のライトのレビュー

同じ形のニトリのペンダントライトを部屋で使うようになって、とても雰囲気が良くなったので、同じタイプのニトリの卓上型のライトを使うことにしました。購入先は、リサイクルショップです。

偶然にもリサイクルショップで、ニトリの卓上タイプのライトを見つけたので、すぐに購入しました。ちょうど、部屋には同じタイプのペンダントライトを使っていたので、部屋のインテリアとしても良いと思ったので、即座に購入を決めました。リサイクルショップでは、ほぼ未使用の状態の品で、2000円くらいで買うことができました。

ニトリの卓上型のライト

nitor2

スイッチは、手動でオン、手動でオフするタイプのものです。電球はLEDを使っているので、付けっ放しのことが多いです。部屋の天井にも、同じタイプのニトリのペンダントライトを使っていますが、中の電球をときどきわざと少し暗いタイプのものにして使っています。そのときに、一緒にこの卓上型ライトを使うようにしています。

ところどころから同じ程度の光がバランスよくあると、部屋が幻想的になって、気分も変わって、そういう雰囲気を楽しめるので、わざとそうすることがあります。

ニトリの卓上型のライトを使うようになって感じたのは、このタイプの電気は、和室にも洋室にも合う、場所を選ばないデザインだと思いました。
和装にも、しっくりくるし、洋室にもしっくりきます。

ときどき、普段使っている部屋だけではなく、別の部屋に持って行って移動して使うこともあります。付けっ放しでも、笠は熱くなることはないです。屋内で猫を飼っていますが、猫も特にイタズラをしてくることはないので、猫の機嫌がいいときは、このライトを一晩付けっ放しにしていることもあります。

中の電球一つで、部屋の雰囲気が大きく変わるので、画像の卓上タイプのニトリのライトの電球もときどき変えています。
わざと暗い感じになる電球にすることもあります。長時間使っていたいときは、明るいタイプのLEDの電球にしていることもあります。明るく使いたいときはワット数の高いものを使うこともあります。LEDでもかなり明るいものを使うこともあります。

nitorir

nitori3

画像タイプのニトリの照明を使うようになってから、照明生活に開花しました。といっても、素人ですが、素人なりに、照明の幅を楽しんで生活しているという感じです。

画像のタイプのニトリの卓上ライトやペンダントライトは、ついつい照明を楽しみたくなってしまうデザインにもなっているからです。光の明るさの具合から、デザイン一つで、インテリアとしても大きな顔を持ちつつ、光の演出も兼ねることのできるので、照明生活を楽しむきっかけをくれたニトリのライトに出会えてよかったと思っています。

ニトリの部屋のライトは、全体的におしゃれで、安いので買う予定がないときでも、たまについつい見に行ってしまうくらい、ニトリのファンになっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラーメン朝一さん / 岩手県
公開日:2014年12月8日