断捨離で無駄の無い引越し方法。

引越しは、荷物が多いほど、引っ越す前も、引っ越してからも時間がかかります。私の場合は、できるだけ引越しをライトに済ませたいので、断捨離などをし、できるだけ無駄のない引越しを目指しています。

思い切った断捨離で効率の良い引越を

引っ越しは、新しい環境での暮らしのスタート、つまり新しい人生のスタートだと思っていますので、なるべく身軽にしてマイナスに感じるものは持っていかないようにしています。

使わないものは思い切って処分を

例えば、使わなくなったエクササイズマシンや古くなった本棚などです。

大きな家具で粗大ごみに出すのが大変なものも、引っ越しのタイミングで引越し業者さんに引き取りをお願いしています。

少し割高かもしれませんが、自分で処理する手間と労力を考えたらそちらの方が断然良いと思います。そうすることで、引っ越しの煩わしさを減らし、他のことに注力することが出来ます。

本は、本当にこれからも読み返すことがあると思うもの、お気に入りで手元に置いておきたいもの以外はまとめます。

不要になったCDやDVDなども一緒にまとめて、ブックオフなどの業者さんに引き取りを依頼します。

本類は重いので、小さいダンボールに詰めるか、大きいダンボールの時は全部を本にするのではなく、上半分は軽いもの(ぬいぐるみ等)を入れます。

食器類は使うもの以外は早めに梱包を

食器類は、最低限使うもの以外は早目に梱包してしまっても良いです。

食器類はチラシ類に包んで縦にダンボールに詰めていきます。寝かせて詰めるよりも割れる可能性が少なく、取り出すときにも便利です。

食器梱包用に事前にチラシ類を貯めておくと良いです。新聞はインクが食器についたりしそうなので私はあまり使いません。

チラシの代わりにタオル等で包めばクッション性が高まり、ゴミも出ないので一石二鳥です。

必要な部分は早めの準備を

引っ越しシーズンは、電気ガス水道の業者さんも大忙しなので、なるべく早く連絡し、自分の都合のいい時間に来てもらえるように予約を確保します(引越し先も同様です)。

引越し時はホコリやゴミが出ますので、捨てる予定のTシャツなどを雑巾大に切ってマイ雑巾を作ります。

最後の掃除に備え、ゴミ袋、マイ雑巾、トイレットペーパー、住宅用洗剤を用意して置くと便利です。立つ鳥跡を濁さず。気持よく退去することで、次の転居地に明るい運気をもたらすと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
あずきさん/夫婦2人暮らし/千葉県
公開日:2014年2月15日
最終更新日:2015年5月4日