敷居金トラブル対策に敷金バスター提携の引越し業者を。

夫婦の2人家族で、2LDのアパートから2LDのマンションへ引っ越しました。移動距離は同じ県内で10kmほどです。

引越しの荷物運びは、引越し専門の業者へ依頼しました。業者選びのポイントは、引越し先が4階でエレベーターがなかったためそれでも対応してくれるかどうかと、敷金トラブルのサポートがあるかどうかでした。費用は上限なしのつもりだったのですが、良心的な業者に当たったようで、4トントラック1台分で4万円の安値でした。

敷居金バスター提携の引越しでトラブル知らず

見積もり

「敷金トラブルのサポート」とは、いわゆる敷引きや不当な修繕費の請求などに対応してくれる、敷金バスターと呼ばれる人たちと提携していることです。

私が当時住んでいたアパートの大家が、家賃の二重請求や水道料金の割り増しなど、かなり悪どいことを平気でしてくる人だったので修繕費も吹っ掛けてくることが予想されました。このため、敷金バスターを依頼したものです。

具体的には、退去時の立会のときにこの敷金バスターさんが一緒にいてくださるのですが、彼らは弁護士ではないためトラブルの交渉はしてくれません。ただ、法的に不当なことや問題点があったときに指摘してくれます。結果的にこの敷金バスターさんに立ち会ってもらったおかげで修繕費の請求はなく、敷金も正当に返ってきました。

敷金バスターさんを依頼するのは別に料金が必要ですが、普段から怪しいなと思っている大家さんから部屋を借りている方は、こういう予防手段をお薦めします。

大手でなくても実績のある業者を

その業者は料金が安いだけではなく従業員もプロフェッショナルで感動しました。

大手の有名どころの引越し業者のように、見た目のイメージが良い人を選んで採用しているという感じではなくて、失礼ながら服装や顔つきなど一般の主婦には敬遠されがちなタイプの人が多かったように思います。

しかし仕事を始めると鮮やかな荷物運びっぷり、4階までの階段を昇り降りして汗だくになっているのに文句ひとつ言わず、驚くべきスピードで仕事を終えてくれました。さらに皆さん見かけによらず、爽やかな態度で好感を持ちました。テレビCMに出演しているような上品な従業員など、見た目のこだわりは正直どうでもいいと思います。イメージに左右されるのではなく、長年営業していて技術や教育のしっかりした良心的な業者を選ぶべきです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
nakanoさん/神奈川県/夫婦
公開日:2014年4月2日
最終更新日:2015年5月4日