バリアフリーにも対応できるトイレリフォーム

トイレをリフォームしました。住まいを買ったのは10年前。フリーになるのを記念して現金で。新築の住まいは気に入ってましたが、10年過ぎると老朽化も目立ち、住まいを建ててくださった大和ハウスさんに依頼。

新築部門ではなく、リフォーム部門の担当ということで、外壁やら、屋根やら様々な箇所の点検と補修も兼ねてお願いした。ほとんどが保険や保証の適用範囲となり、お金はかからなかったのですが、トイレはさすがに完全リフォームということで費用がかかる事になりましたが、それでも実施して良かったです。

将来の高齢化を考えたトイレへリフォーム

リフォーム前のトイレは節水タイプでなく、壁もビニールクロスで、床はフローリング仕上げでした。衛生的にどうかと思ったことや、年を取ってからの事を考えて、掃除のしやすいタイルで仕上げてもらう事、全自動タイプで、瞬間的にあたたかくなり、節電、節水機能に優れている事を条件として出しての施工でした。

施工も普段の生活に支障なくリフォーム完了!

我が家ではトイレが2つあり、同時に施行するよりは1階と2階に分けて施工したほうがいいこと、費用が意外と安く(1か所30万円程度)で済むことを教えていただき、この時点でOKを出しました。工程は他の工事と並行して、修繕等をする際に実施されたのですが、ほぼ1日で終わり、次の日には使えたので困ることはありませんでしたが、安心を取り、1か所終わってから3日後に2階のトイレの施工をしました。

現場用の仮設のトイレも用意してくださったおかげもあり、無用な心配はほぼなく、音も静かだったと子供たちも言っていたので、良かったと思います。

不満としては最新の機器を導入した為、説明する方もメーカーの方を読んでくださったのですが、その方が全然ダメでして、むしろ施工してた水道業者さんのほうが詳しいという始末で、このメーカーの方には依頼しないが、この水道屋さんには依頼しようと思った事くらいでしょうか。結局はそういった所で差がつくし、施工後も3か月間訪問してくださり、そういう意味では安心出来たと思います。

リフォームする時はアフターについての確認は大事だと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
森野夜さん/4人/青森県
公開日:2014年2月12日