低コストで簡単、手作りカーテンとクッションで、より愛着のある家に変身。

自作したもの:クッションカバーとカーテン
コスト:100円~800円

私は基本手づくりが大好きなので、作れるものは服や棚も自作しています。

特に、そこまでお金をかけたくないときなんかは手作り雑貨は大変オススメです。

そんな雑貨のなかでも作りやすいものを2つ紹介します。

クッションphoto by jillyspoon

縫うだけで終了!安い布を見つけてオリジナルの雑貨作り

我が家には開けることのできない扉がダイニングに1つあるのですが、これにカーテンをつけようかとギリギリまで悩みました。

そして、結論が出なかったのでそのままで新築の家を引き渡ししてもらいました。
2階の1部屋も同じ作りの窓があって、結局そちらもつけなかったのですが、我が家は道路に面して立っているので家の中を見られるのは嫌だし、何より防犯上問題です。

見せたくないものは、縫うだけ完成!簡単カーテンで隠してしまおう!

私の趣味なので、余っている布はたくさんあるのですが新築の家で余り布は、と思ったので近くのホームセンターまで買出しに行きました。

そうしたらなんと、可愛い水玉が少しついているレース状のカーテンがはんぱ物の為80%オフくらいで売られているので、これは!と思い、すぐ購入して家に持って帰りました。

安いものでも十分可愛く作れるのが手作りの良いところ。

私はカーテンといっても突っ張り棒に通すものか、洗濯ばさみのようなクリップで止めるだけの簡単なカーテンしか作れません。

しかし、ナチュラルでかわいい世界で1つだけの物を作る自信はあったので、ほつれないよう端をミシンで縫い、色とりどりのぽんぽんをわざと高さを変えて下に取り付けました。

本当に四角い布をまっすぐ縫うだけで、作れるこのカーテンはおすすめです。

見た目はやはり初心者だな、という感じですがそれが味になっているので、自分では気に入っています。

ネットでも、可愛くて安い布は沢山ありますので、探してみることもおすすめです。

簡単にお部屋の雰囲気が変えられるクッションカバーは低コストで!

そして、もう一つのクッションカバーですが、これは本当に100円で2個作れました。

我が家の周りは縫製工場が多く、近くのスーパーに端切れがたくさん出回ります。中には掘り出し物があるので、このスーパーにきたら必ずチェックするコーナーです。その中に今回使用した、可愛い小花柄の布が2mで100円ほどで売っていました。急いで購入し、すぐ縫い始めました。こちらもサイズを測ってまっすぐ縫うだけです。

カバー類は小物なら意外と簡単なので、枕カバーなどもお気に入りの布で作ってみてはどうでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
びーばーさん/岡山県/1LDK
公開日:2013年10月18日
最終更新日:2014年6月2日