アロマの効能

この項目ではアロマの効能について解説させていただきます。アロマは主に心に効く作用と体に効く作用を大きく分けると2項目になります。今回は5つほどピックアップさせていただきます。今回ご紹介させていただくことでアロマで心と体の疲れを取り、快適な生活を補助する役目になれば幸いです。それではご紹介いたしましょう。

アロマが心に効く作用

アロマが心に効く作用は沢山あります。良く聞くのはリラックス効果などでしょう。その他にも効果がたくさんありますので、一部を紹介したいと思います。

ストレッチ

抗うつ作用

最近はうつになる方が増加していると言われています。過剰なストレスにさらされて心が疲れてしまうのです。うつは「心の病気」といわれていますが、一度なると再発する可能性もたかくなかなか治りにくいです。そのためうつ的な症状を感じるときはアロマで気分転換をするのもいいでしょう。抗うつ作用といっても女性に特有の症状を改善したり、心を落ち着かせる働きがあります。また心を元気にしてくれたりする作用もあります。抗うつにオールマイティーに効くのはローズなのですが、精油だとかなり高額なため100均のオイルでもいい気分転換になるでしょう。手頃なオイルですとオレンジ、ペパーミント、グレープフルーツ、少し専門的ですとクライセージやサイプレスなどがいいでしょう。

集中力を高める作用

また心には頭をクリアにする集中力を発揮するるオイルがあります。勉強をする時や頭が働かない時に作用するオイルで気持ちをリフレッシュさせてくれます。何かと忙しい現代人、今は過剰な状況に置かれてすっきりできない何かもやもやする気持ちを抱えている人も多いのではないのでしょうか?そんな時に効果を発揮するオイルを利用する手はありません。こちら効果を発揮するのはおもにハッカ系のオイルでペパーミントやユーカリがいいでしょう。他にも気持ちをリフレッシュするという意味でオレンジなどの柑橘系のオイルもいいでしょう。

アロマが体に効く作用

アロマがもたらす効果は精神的なものだけではありません。体の健康にも直接作用してくれるのです。

花粉症

今現在アレルギーの患者が増えていると言われています。その中で花粉症はポピュラーな病気といえます。花粉症を治療するには病院に通うことが必要ですが、辛さを緩和するという目的でアロマを使用するのはある程度の効果を発揮するでしょう。花粉症に効果があるオイルとしてはハッカ系のペパーミントやユーカリが効果があります。また少し癖がある匂いがしますが殺菌作用として効果があるのはティートリーというオイルもいいでしょう。

頭痛

 頭痛も片頭痛など様々な頭痛があり悩んでいる人は多いです。香りで対処療法をするのはいい気分転換になるでしょう。頭痛が続いている場合は病院へ行きましょう。頭痛を少しでも緩和してくれて心を落ち着かせてくれるアロマはラベンダー、ペパーミントがいいでしょう。またローズマリーは頭痛だけではなく髪の毛にもいいと言われていますので使ってみるのもいいでしょう。

胃腸の不調

最近は過敏性腸症候群など胃腸の不調に悩む人も多いです。根本的には心療内科の受診が必要ですが、胃腸にいいと言われるアロマがあります。胃腸も不調は心から来ていることも多いのでそれを少しでも緩和するのにはアロマは有効でしょう。代表的なアロマは柑橘系が胃腸に働きかけると言われています。その中でも特にオレンジがいいと言われています。他にもグレープフルーツがなどがあります。またハッカ系のペパーミントもいいですが、体を冷やすので冷え性の方には向かないでしょう。

 今回はアロマの効能を書かせていただきました。他にも様々な作用に効きますが代表的で芳香浴に向いているものを挙げさせていただきました。全体的にハッカ系のオイルがいいようですが、体を冷やしやすいので冷え性の方はオレンジやラベンダーが一般的でいいのではないかと思います。アロマを上手に使って心と体を元気にしましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:2014年5月21日