バッグ、鞄の収納は紙袋を有効活用!ゼロ円で出来る便利な生理整頓方法。

バッグphoto by jennnster

バッグをたくさん持っている女性、多いと思います。そのたくさんのバックの収納、結構難しいと感じていませんか。

大きさは色々、自立しないものも多いし、取り出すのが面倒になって、結局いつも持っていくのは同じもの…ということもあるのではないでしょうか。

今回は、そのバッグの収納方法を紹介します。

管理に困るバッグ、鞄の収納方法

バッグ用の収納グッズはたくさん売られていますが、私はどれも使いにくいと感じていました。やっぱり縦横のサイズやマチの幅が様々なので、一種類の収納グッズではすべてのバッグをしまえないのです。それから自立しないバッグだと、クタッと隣のものに寄りかかり、隣のものが取り出しにくくなります。

クローゼットの中もうまく使わないといっぱいにしまうので、良い収納方法が必要ですよね。

ゼロ円で出来る!紙袋でバッグ収納

私がいま使っている「収納グッズ」は、紙袋です。そう、買い物をしたときにもらう、普通の紙袋なのです。服のショップ袋は意外と丈夫でデザインもきれいなものが多いですよね。この紙袋の持ち手ヒモを外して、口のところを適当に内側に折り込めば、これで出来上がり。

紙袋でバッグ収納

そして袋にひとつずつバッグを入れます。複数のバッグを入れると取り出しにくくなるので、あくまでもひとつずつ、です。袋に中身を記したラベルを貼れば、出し入れ簡単のバッグ入れが完成です。

私はこれをクローゼットの枕棚に並べています。大きさが様々だったバッグがきれいに並ぶので、見た目もスッキリです。ショップの袋を揃えればさらにきれいに見えますね(私はそこまでしていませんが)。ホコリが気になるバッグなら、上から布をかけておけば、解決です。

手間要らずで使いやすい!

出かけるときは、袋ごと棚からおろしてバッグを出し、袋はそのまま床におきっぱなしにしちゃいます。帰ってきたら、床の袋にまた戻して、棚に置けばまたスッキリ。

この「収納グッズ」の最大のメリットは、なんといっても費用がゼロなこと。どこのお宅でも、紙袋が増えてしまって、扱いに困るくらいではありませんか。せっかくなので、大いに活かしましょう。使っていて傷んでも、捨てるのは惜しくないし、追加するのも簡単ですね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
linenさん/東京都
公開日:2013年10月16日
最終更新日:2013年12月9日