100円ショップの突っ張り棒とフック付きのカゴで作る収納棚

100円ショップの突っ張り棒とフック付きのカゴを利用をした方法をご紹介します。高さ180cm 幅90cm 奥行き15cmの棚に服を収納しようと思い、たたんで積んではみるのですが、奥行きが少ししかないので、崩れやすく1枚取ると他の服も落ちてしまうので、何か方法は無いかと考えてました。

服はタンスなどを利用して収納するのが一般的ですが、タンスを購入すると奥行きが広く場所を取るため、今家にある物を利用して使いやすい服の収納を目指しています。そして見た目にもこだわり乱雑ではなくすっきりシンプルな感じにしたいと思ったので、100円ショップのグッズを手軽に利用して作りたいと考えました。

100円ショップ商品で作る収納棚

100yen

実際使ってみると、浅めのカゴを利用すると服があふれてしまうので、結局同じ状況になってしまいます。
一番上の服を取るとは限らず、服をあさって目的のものを取るため服が乱れやすくグチャグチャな状態になってしまうのが原因です。

その中で色々試してよかったのが、突っ張り棒とフック付きのカゴを利用するやり方です。

必要な物は下記の通りです。

  • 100円ショップで売られている90cmに対応する突っ張り棒を用意します。
  • フック付きのカゴは、大きなフックが両側に2個付いたものです。
  • 大きさが、幅 28cm 奥行き13cm 深さ 12cmを3個用意します。

棚に突っ張り棒をしっかり固定し、フック付きのカゴを3個、突っ張り棒にかけます。ぶら下げるのではなく落ちないようにひっかけておくだけの状態にします。※理由としては、乱雑に服を取っても棚からカゴが落ちない工夫です。

奥行きが13cmなので、棚の15cmに比べて少し中に入る程度です。飛び出す事もなくスッキリとして印象です。

深さが12cmありますので、服を立てて収納することができます。服の柄やデザインが見えるようにたためば、パッと見ただけで欲しい服がわかります。また上下セットの服などは、Tシャツなどの上の服にパンツを丸めて1セットにして収納すると、取りやすく着やすい収納となります。

服を兄弟で取りやすい収納にしたい。種類別に収納にしたいなど、この方法は、うまく分けてそれでいて子供が乱雑に取ろうとしてもずれることなく見た目もきれいなので、とてもお勧めです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
みらっちさん / 岐阜
公開日:2014年9月13日