自分でエアコンフィルターの掃除する方法とポイント

夏になる前に、エアコンの掃除をシッカリと行うことは重要になります。特にエアコンのフィルターを奇麗にすることで、アレルゲン対策にもなりますし、大事なことです。

アレルギー体質なので、エアコンが汚いと咳や鼻水が出るなどのアレルギー症状が出ますし、やはりエアコン掃除は夏本番に活用する前に掃除をしておく必要があります。そこで、自分でエアコンを掃除する際のポイントを紹介したいと思います。

自分でエアコンフィルターの掃除するポイント

エアコン

自分でエアコンのフィルター掃除で注意すべき点が何点かあります。まずフィルター掃除をする前に周辺を掃除機で埃を吸い取ることは大事です。

家電製品には埃は付きやすいですので、フィルター周辺には埃がかなり付いている状態になっています。そしてフィルターの外側から掃除をすることです。意外とゴミが貯まっていますので外側から優しく掃除します。ブラシを使用する場合には、強くすると破れるので、優しくブラシを使います。

そしてフィルターは月1回は水洗いして天日干しするようにします。掃除をする場合には必ずコンセントを抜いて掃除をするようにします。エアコン掃除は内部を掃除しますので、感電することもあり危険ですので、必ずコンセントを抜く必要があります。シッカリと対策することで、安全にフィルター掃除を行うことができます。

エアコンの奥の汚れの掃除方法

奥の汚れは、割り箸にガーゼタオルなどを巻いて、奥の方を掃除すると奇麗になります。エアコン掃除専用洗剤を使用した場合には液が残らないようにすべきです。アルミが腐食することもあるので注意すべきです。個人で掃除するのは限度がありますので、あまり奥の方まで掃除しますと、故障の原因にもなりますし、出来る範囲での掃除は必要になります。

フィルター掃除を月1回は行うことで、かなり室内の空気の汚れも改善できますし、アレルギーも減少します。シッカリと対策を行うことは重要です。夏本番前にむけ、エアコンの掃除は今のうちに行っておくべきです。掃除機を上手に使うことで、かなり埃も軽減できますし、掃除中に埃が拡散されないよう、事前に掃除機で吸い取ることは重要になります。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
けいのんさん/神奈川県/夫婦と小学生1人
公開日:2014年4月28日
最終更新日:2014年5月9日