リンレイ石床用ワックスで、寒々しい石床から明るい石床に変身しました

リンレイ 石床用ワックスを使って、玄関の石床に輝きが出ました。リンレイの石床用ワックスは、1リットルで容量がたっぷりなので助かります。石床ワックスを使おうと思ったきっかけは、大きな家具を運んでいるときに、玄関の石を何か所か傷つけてしまったからです。大型の重い家具だったので、割と大きい傷が入ってしまったので、玄関を通るたびに気になっていました。

寒々しい石床から明るい石床に

rinreiwx

玄関の石の床に傷が入る前から、寒々しい色合いの石床だったことも、ずっと気になっていました。せっかく石の色が黒なのに、石のコントラストがはっきりせず、全体的に普通のコンクリートのような色合いだったので、水拭きした後の状態のまま、明るくコントラストがはっきり出ていたらな、と思っていました。

ということで、ホームセンターに物色しに行ったのが、今から6年くらい前のことです。リンレイの石床用ワックスを見つけたので、買ってみました。石床にワックスをかけるのは、初めてなので緊張しましたが、丸い石が埋まっている石床には意外にも、そんなにテクニックを必要としない感じです。ランダムに丸い石が埋まっているタイプの玄関の床に塗りましたが、塗るときは一応、屋内の廊下を塗る要領で、コの字型に進むように塗りました。でも、そんなに屋内の凹凸のない廊下ほど慎重にならなくても、丸い石が入っている床石であれば初めてでもうまく塗ることができます。

初めて塗ったときは2回塗りとあったので、2回塗りました。それからは1年から2年に1回のペースで塗っていますが、1リットル入りの石床用ワックスなので、まだ、半分以上も入っています。1回くらいはワックスの剥離剤ではがしてから塗った方がいいかも、と思いつつ、特に以前に塗ったワックスが剥がれてくる気配はそんなになかったので、そのまま重ね塗りしています。

3hgo

リンレイの石床用ワックスは、屋内の床材に使えるものです。水がよくかかってしまう場所には、塗布できないものです。あくまで屋内用の石床に使えるものです。ツヤがない天然席や陶器のタイルと煉瓦とコンクリートに使えます。

使ってみた感想は、初めて使ったときの玄関の石の床の変身ぶりに、とても感動したのを覚えています。あんなにさびしい色合いだった石床が、言い過ぎかもしれませんが、まるで鏡面仕上げの石床みたいになったからです。丸い石が埋まっている石床ですが、丸石の枠からワックスがめくれあがってくることも、今のところはありません。リンレイの床石用ワックスは、初めて塗ったのは6年前なのにもかかわらず、いまだに剥がれる様子はないので、耐久性が高いのだと思います。

玄関の使用状況にもよるとは思いますが、家の場合の玄関の使用状態であれば、10年に一回程度リンレイオール床クリーナーで、古いワックスを剥がしてから新しいワックスを塗れば大丈夫そうなので、楽です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラーメン朝一さん / 岩手県
公開日:2014年10月14日