エアコンをつけずに節電!涼しくする方法を紹介。

我が家は築年数も古く、夏場は北海道ながら35度近くまで上がる日もある暑い地域なのですが家の構造上エアコンがつけれず、夏場は工夫をして過ごしています。

エアコンをつけずに涼しくする節電方法

すだれ

暑い家でも、エアコン無しで過ごすことは可能です。節電を考えているようであれば、まずはエアコンの時間を短くして、電気代を抑えてみてはいかがでしょう。

窓辺の熱は遮熱カーテンで防ぐ

カーテンは夏は熱を遮る効果のある遮熱カーテンを利用しています。ミラー加工をしているので外からの視線も遮り、また太陽の熱も遮ってくれるので室温が連日30度を越える夏場でも安心して過ごすことができます。
遮熱カーテンを購入する前は普通のレースカーテンだったので外からの熱が入ってきて日当たりが良い部屋の窓辺には近づけないほどでした。熱がじりじりとしていて苦痛の一言でしたが、今では安心して夏でも窓辺へ近づくことができます。
また、できるだけ家の中の風通しを良くし、湿気を溜めないようには気をつけています。湿気の少ない地域とは言え、湿気が高くなると家の中でもサウナのような汗をかいてしまうので…。

朝の涼しい空気を取り入れて室温が上昇を防ぐ

朝はまだ昼間ほど気温も上がっていないので涼しい内に窓を開けて過ごすようにしています。
窓からの風がよく入るように、扇風機も窓からの風が部屋に流れるように向きを気をつけて設置しています。
その涼しい空気が家を循環するように家では風の向きを意識して扇風機を設置してます。
外からの涼しい空気を効率よく部屋へ流す扇風機と、その風を家に循環させる役目を持っている扇風機、とすることで効率よく部屋を冷やせるので暑くなる前に行うようにしています。

寝具にも気をつける

午前中と夜は比較的快適に過ごせる日の方が多いのですが、寝苦しい夜もあります。
ペットボトルに水を入れて凍らせたものを足の間や脇などにはさんで寝ることも。子供が小さい内には寝る前に水分補給を十分にさせ、冷却パッドを敷いて眠っていました。
我が家では子供にしか使っていませんが、寝苦しそうにしていたのが消えたので…電気代もかかりませんし、一度買えば長い期間使えるのでおすすめです。

特に遮熱カーテンは買う前に比べて扇風機による冷房効果が上がったので節約を考えるのなら必須と言えるかも知れません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ともんぽさん/北海道/夫婦と子供1人
公開日:2014年4月10日