冷房の節電で電気代半分に!夏場を乗り切る方法。

わが家では、暑い夏でも極力エアコンを使わないことで、電気代を冬の約半分に抑えています。そんな我が家が行っている方法を紹介したいと思います。

冷房を最低限にして夏場を乗り切る方法。

冷房は最低限にして、暑い夏を乗り切るための方法です。ただし、熱射病なども怖いので、あくまで無理が無い範囲で行ってくださいね。

ブラインドで風を通す

衣替えの時に一緒に全部屋のカーテンを外してすだれに変えます。以前は竹で編んだすだれでしたが、いまはブラインドにしています。全部屋を変えるのは大変ですが、エアコンが1階にしかないので出来るだけ部屋の温度を下げないと夜眠れないからです。

2階には扇風機のみですが、夏場は布団のシーツを涼風なものに変えて涼しく過ごせるように工夫しています。

リビングのエアコンは真夏の気温が上がる時間帯に使い、できるだけ扇風機で過ごします。

ブラインドの代わりにすだれでもOK

ブラインド以外にも、すだれを使うという手もあります。我が家も昔はすだれで風を取り入れていました。ただしリビングは、すだれだけでは外から丸見えなのでカーテンは残しています。レースだけ外してそこにすだれを付けます。夕方になったらカーテンを閉めています。すだれを少し巻いて網戸から風を入れるので、カーテンは閉め切らずに網戸の半分まで隠すようします。2階もそのように使っています。

今は色々なすだれやロールスクリーンなど、便利なものもあるので活用してみるのも良いと思います。

汗をかくこと

お風呂もシャワーだけでなく、ちゃんと汗をかいてお風呂上りもエアコンで体温を下げずに室温で過ごして少し汗をかくようにしています。その方が、夜きちんと体温が下がり眠れるようになると聞いたからです(テレビの受け売りですが)

防犯上窓を閉めて過ごす家も多いですが、わが家では1階だけ施錠して2階の窓は開けて寝ます。エアコンがないため仕方なのですが、涼しい夜はとても気持ちよく快眠できます。夏場の電気代は冬場に比べると半分です。

これからどんどん電気代が下がると思うと嬉しいです。

アイスノンで首を冷やそう!

夏場に暑くてどうしようもない時は、アイスノンを活用します。子供用に買った、首の後ろに巻くタイプとおでこ用です。アイスノン以外には、保冷剤が活躍します。2~3個バンダナに巻いて首やおでこに巻くだけ。寝る時も、首に当てて寝れば朝までぐっすりです。

エアコンをずっとつけているのは体に良くないので、首や頭を冷やして寝るのをおすすめします。頭寒足熱ですので、足よりも頭の方を冷やして過ごせば快適です。

このような方法で、暖房を使う冬場の半分に電気代を抑えられています。みなさんも、電気代節約のため、無理をせず試してみてくださいね。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
つぶあんさん/福島県/夫婦と子供3人
公開日:2014年4月18日