オーダーサイズ遮光カーテンで夏場の電気代が3,000円以上安く!

我が家は新築7年のマンションですが、今までは賃貸アパート住まいでした。アパート時代は、部屋が狭く日当たりもほどほどで、割とあたたかいという感じでしたが

今のマンションに引っ越してきてからは、夏は日当たりのよさが裏目に出てしまい毎年暑くて、特にここ数年の夏は40度超えの猛暑のため冷房も効かずで大変でした。

カーテン

だからといって毎夏暑いからという理由で引越しをするわけにもいかずでこれはなんとか我が家の状況に合わせた冷房をいかに効かすかという方法を考えなくてはなりませんでした。

他の家やテレビで見た方法・ネットで見た冷房節約方法を試したけど、かなり日当たりのいい南側に面するリビングを持つ我が家にはあまり意味が無かったんです。

オーダーサイズできる遮光カーテンがおすすめ!

とにかく熱をもつあの夏の日差しをどうにかしたいと思い、すだれをかけてみたりしたけどベランダを使うときに、このすだれが邪魔で時折ぶつかって刺さりそうになったりと子供にとっても結構危険なもので、あきらめる羽目になりました。

となると、最後の方法はカーテンしかないと思ったんですが我が家のリビングカーテンは横幅4mなので特注しないとならず、なかなかそういったオーダーカーテンで遮光ものを扱うところがなかったんです。

でも、ネットで調べたときに、遮光カーテンをオーダーサイズで作れて、しかも遮光カーテンだけどお部屋の明るさを選べるという謳い文句のあるカーテンサイトを見つけたんです。

遮光なしと3級遮光裏地つきというもので、遮光カーテンというと部屋が暗くなってしまうという遮光カーテンにありがちな悩みが解決できて、一時期一万3千円くらいにまで上がった電気代も

一万以下にまで下がって家族ですごいね!と驚いたのを覚えています。それ以降は、カーテンももちろんそのまま使い続けつつも、他にももっと冷房費を節約できる方法を考えました。

思い切って外に出ることも節電に

でもなかなかこれ以上にいい方法がないのが事実で、結果的にはエアコンは2度高めにして時間を決めてつける・夏休みは子供が家に一人でいるので仕方ないけど、それ以外は出来るだけ消すとか日陰のある大きな公園に行って、そこで外の空気を楽しみながらエアコンを使わないようにするという方法で乗り切るしかないなと思いました。

家にこもってばかりより、外に出ることで電気代節約・健康維持にもなるので我が家の夏の定番方法となっています。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
anyakoさん/埼玉県/夫婦・小学生一人
公開日:2014年4月18日