複数の猫と家族と一緒に暮らすアイデア

猫3匹と暮らしています。2匹は兄弟猫で5歳、1匹は後からもらった猫で3歳くらい。大人猫、おとなしめです。トイレや餌の数は、比例して多いハズ。

猫を複数飼っていると、ちょっとしたことが大変ですよね。そんな何匹も猫を飼っている人のためのちょっとしたコツを紹介します。

複数の猫と暮らすためのアイデア

そんなたくさんの猫と暮らす時に約だcつ、ちょっとしたコツを紹介したいと思います。

お片づけのコツ

片づけ道具を、すぐそばに置くようにしています。トイレ掃除一式。ほうきとちりとり。匂いの漏れないフタのできるゴミ箱。トイレットペーパーかぼろ布。それぞれいい品物もあるのですが、一番のコツがこれらをまとめてすぐ出せるところにおく事です。
汚れたら、片づけられるのが一番。それと、片付け道具を取りにいく手間がないので、面倒にならないですむ。これは、人間の片付けと一緒ですね。
汚れが取り除かれれば、猫たちも、違うところにうんち&おしっこしたりすることはないようです。あと、片づける人がなるべく楽にすむように、するのが、我が家のコツです。

ご飯をあげるコツ

基本、猫たちのことは私が一人で世話をしています。でも出かけているときは家族にお願いしてます。引き受けてくれるのは有り難いですね。
でも、馴れない人にとっては、結構な大仕事なので、餌は普段からあげやすいようにしてあります。
たとえば、わからなくなることや迷う事は、ご飯の量だとか、どの猫にどのごはんをあげるの?とか。ドライフードなら、カップに印をつけとくだけで、解消できちゃったりします。ここまで入れる、の印ですね。缶詰の子だと、何分の1って目安の量は決まっていますね。
そして、猫のご飯セットは、食べる場所の近くにおいてあります。あとは、それぞれ猫が覚えているので、めいめいご飯のところで、時間になると待っているようです。

人間のためのコツ

人にとっても、快適にくらせるようにするのも、猫といっしょに暮らしていくコツなんだと思います。家族にとってもストレスなく暮らしたいです。
アレルギー持ちの子が遊びにくるので、掃除機はいい物を使っています。dysonもあります。吸引力の強い物は高価だけど、絨毯や布団とソファーにもかけたいので、見合った使用量なのかもしれません。
あとは、家中にコロコロの粘着クリーナーを置いておきます。自分の脱ぎ着する部屋のクローゼット、玄関や車にも。靴下や、黒いストッキングにも、かなり猫毛がついてますので油断大敵です。
そして、猫にブラッシングをしてあげること。もちろん抜け毛も防げるし、毛艶もきれいに。でもなにより、仲良くすごしたいな、と思っております。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ねこきちさん/5人家族/北海道
公開日:2014年2月27日
最終更新日:2014年5月31日