ミトンとコロコロで猫の抜け毛を対処。

春から夏へ、夏から秋へ、秋から冬へ、そしてまた春へ。四季を持つ日本において季節の移り変わりは寂しさと共に美しさを感じますが、一方で室内で猫を飼っている方にとっては憂鬱な時期なのではないかと思います。
特に一軒家ともなると、あっちにもこっちにも「こんなとこにも・・・?」と思うようなところに猫の毛、毛、毛・・・。仕事から帰ってきてスーツのまま、迂闊に床に寝ころぶことも出来ません。そんなことをすれば、あっという間に奴の・・・そう、猫の『抜け毛』の餌食となることでしょう。

我が家も猫を飼っているのですが、毎年季節の変わり目を迎えて『換毛期』になると、あっちにフワフワこっちにフワフワと猫の毛が舞いくっついて、職場に、学校に、と色んな所へ猫の毛をお散歩させていました。ちょっとした隙にクローゼットへ入られて、おいていた服を猫のベッドにされたあげくに毛だらけにされることもしばしば・・・。

ミトンでブラッシング

nekoke

ですがそんな我が家も、最近は抜け毛対処のコツを掴んでその被害が以前よりも大分マシになりました!抜け毛対処の一番のコツ・・・それはなんといっても『ブラッシング』です。

本当は、獣医さんからアドバイスされたうちで最も効果のあった『お風呂』と言いたいところなのですが、うちの猫はお風呂に入れようとするととんでもなく暴れまわって、一度びしょびしょに濡れたまま家じゅうを走り回ったことがあるので、これは割愛させていただきます。
でもお風呂に入れて毛を洗い流しちゃう方法自体は目に見えて効果があるので、お風呂がそんなに苦手でない猫を飼っているおうちでは是非試してみてほしいです。

話をもとに戻しましょう。

ブラッシング、とは言っても、気まぐれでなかなか大人しくじっとしていてくれないのが猫です。中には・・・というよりまたしてもうちの猫なのですが、ブラッシングされるのが嫌いで、ブラシを見るだけで逃げ出す猫も。そんな猫ちゃんをお持ちの皆さんにオススメなのが、『ミトンブラシ』です。その名の通りミトンの形をしたブラシなのですが、ミトンの手のひら部分にゴム製の柔らかく小さ目の突起がついていて、これで猫を撫でることでブラッシングが行える、というものです。
ブラシを見ると逃げ出すうちの猫も、「まあこれくらいなら我慢してやろう」と言わんばかりの顔ではありますが、大人しく撫でられてブラッシングさせてくれます。

落ちた毛はコロコロクリーナーで

また、もう一つオススメなのが『コロコロクリーナー』。粘着テープをコロコロッとさせ、髪なんかを取るアレです。カーペットや服についた猫の毛をとるために、使っている人も多いのではないでしょうか?
あれを猫の体にコロコロッとやるだけで、結構取れちゃいます。
ミトンブラシと違って消耗品ですが、コストパフォーマンス的にはなかなか良いと思います。なにより、ミトンブラシと違って掃除にも使えますしね。
ただし毛足の長い猫に使ってしまうと、本来抜ける予定ではない毛も巻き込んで引っ張って痛がらせる可能性があるので、使うのは毛足の短い猫にだけにするよう注意してください。

抜け毛は飼い主にとっても悩みのタネですが、猫の毛は放置しておくと絡まって毛玉になり、毛づくろいの際に呑みこむことで猫の不調の原因になることもあります。
服や室内を毛だらけにしないためというのももちろんですが、猫の健康のためにもこまめに処理して、にゃんだふる!な猫ライフを送ってくださいね!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
いつきさん / 愛知県
公開日:2014年9月13日