猫のおしっこ臭はアルカリ電解水で対策!

マンションで猫を飼っています。粗相などはしない猫ですが、まめにトイレの掃除をしていても、湿度の高いときなどは、どことなく尿の匂いが気になる場合があります。賃貸マンションのため、匂いが染み付いてしまうのは避けたいので、良い方法はないかといろいろ試しました。

猫のおしっこ臭対策

nekomaru

ペット用として販売されている消臭スプレーの類いは、強い香りでごまかすものが多く、使用した直後は良くても、時間が経てばいろいろと混ざったような匂いになって逆効果でした。置き型の消臭剤もあまり効果はなく、やはり根本的な消臭が必要だと感じました。
消臭と言えば、塩素系漂白剤が手軽に購入出来るうえ、効果も高いですが、独特の匂いがきつく、刺激性も高いので、猫の体には良くないと考えて使用は控えました。とは言え、トイレを丸洗いする時に使用して、よく洗い流して日に当てると匂いが完全に消えるので、月に一度程度は利用しています。

日々の掃除に関しては、しばらくはキッチン用のアルコールでまめに拭くようにしていたのですが、何気なく試したアルカリ電解水が思いのほか効果が高く、しかも水が原料なので安全性も確かということで、現在はこちらでペット周りの全てのアイテムを掃除するようにしています。

アルカリ電解水とは、水を電気分解したもので、強アルカリ性を示すものです。殺菌性が高く、消臭効果にも優れているため、掃除用品などに多く用いられるようになってきています。このアルカリ電解水がスプレー容器に入って販売されているので、トイレなどは猫が使用した都度アルコールで掃除し、最後にアルカリ電解水をスプレーしておきます。拭き取る必要はなく、自然乾燥でOKです。こうすることで、アルコールで掃除しきれなかった匂いが取れ、締め切っていたり、湿度の高い日でも匂うことがなくなりました。市販されているアルカリ電解水は濃度が適切に守られているので、手荒れの心配もないのが安心です。
アルカリ電解水は家中の掃除にも活用できるので、猫のトイレ容器だけではなく、その周辺の床や壁なども週に一度くらいの割合で拭き掃除をしています。

また、猫は定期的に毛玉を吐き出しますが、その際にも掃除に使用すると匂いが残りません。
アルコールを使いたくない場合は、重曹と併用するのもおすすめです。アルカリ電解水に重曹を溶かして使用するという方法もあります。猫のトイレ砂に掛けておくと、砂そのものの匂いも軽減するので、全ての砂を交換する頻度も減り、節約にもなります。
ただし、アルカリ電解水は水で出来ているからと言って、これを使用してペットの体を拭いたりすることは出来ません。脂質やタンパク質を溶解させてしまうため、毛並みがバサバサになったり、皮膚トラブルにもつながります。

アルカリ電解水は、スーパーやドラッグストアの掃除用品コーナーで購入できます。ボトル入りのほか、詰め替え用も用意されています。大量に使用する場合は、通販が狙い目です。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ぎょくれんさん / 埼玉
公開日:2014年12月18日