100均の猫のひっかき傷防止シートで、嬉しい躾効果も!

室内飼いで、猫を一匹飼っています。
壁や障子に爪とぎをしないために、猫用の爪とぎを置いて工夫をしていますが、ストレスが溜まったときや機嫌が悪いときに、人の目を盗んで壁にイタズラをするので困っていました。

100均でひっかき傷防止シートを購入

hikkaki

ダイソーで、猫の爪とぎ対策として、何か便利なものはないかなと探していたところ、柱と壁用の猫のひっかき傷防止シートがあったので、購入しました。
目立ちにくい透明のシートなので、屋内の壁に気にせずに貼ることができて、便利です。
このひっかき傷防止シートは、猫の爪とぎ対策専用の透明のシートなので、猫が爪をひっかけても、猫の爪で壁やシートに傷がつくことは一切ありません。

このシートを猫がイタズラする場所に貼ると、猫がいつも通りにイタズラをしても、爪を壁にひっかけることができずに、猫が手を伸ばしたところからそのまま滑り落ちてしまいます。
家の猫の場合ですが、シートを貼った後は、滑るのでイタズラができないと学習したようで、それからは同じ部屋の壁で、一回も爪とぎをしなくなりました。
貼ってあるシートは 90センチ×30センチのものです。このサイズのシートを一枚、貼りました。

猫のトイレの部屋がふすまなので、ふすまにも貼りました。
壁一面とふすま一面に、このシートを貼る予定でしたが、壁とふすまにそれぞれ一枚貼っただけで、同じ部屋の壁やふすまの全ての部分で爪とぎができなくなった、と思い込んでしまったようです。
部屋ごとに、たった一枚のひっかき傷防止シートを貼るだけで、躾ができて楽でした。

ふすまは4年ほど前に貼ったままですが、今でもシートの日焼けや変色などもすることがなく透明をキープしたまま、きれいに粘着された状態のままになっています。

壁も、4年くらい前に貼ったままです。
4年ほど経過した今も、剥がれることがなく、接着具合はきれいなままをキープしています。
画像の猫のひっかき傷防止の透明シートは、4年前に購入したものですが、今でもダイソーで売られている商品です。

kabe

貼ってから4年経過してから、少しめくってみましたが、きれいに剥がせて壁もきれいなままです。
ただし、壁の素材にもよるかもしれません。粘着面は健在なので、剥がした部分も元の通りに、再び貼ることができました。

kireihagaseru

紙素材のふすまには、貼り直しはできません。
貼り直しのできない紙素材のふすまには、失敗しないように慎重に貼らなければならないので、少し疲れましたが、イタズラをしなくなったのでストレスがなくなりました。

今は、8歳で壁にイタズラすることは、全くありません。
4歳のあたりに貼ったダイソーの壁のひっかき傷防止シートで、それからは一切、壁にイタズラをしなくなったからです。
猫のひっかき傷防止シートは、貼った部分だけ部分的に爪とぎ防止をするだけではなく、壁にイタズラをしなくなる躾の効果もあるようです。
大きなサイズが必要な方は、ネットで特大サイズのものを購入するとお得かもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラーメン朝一さん / 岩手県
公開日:2014年10月2日