100均の観葉植物をキッチンに飾るのは水栽培のハイドロカルチャーがおすすめ!

どこの100均でも売っているミニ観葉。思わず「かわいい」と衝動買いしてしまう人も少なくないのではないでしょうか。観葉植物は室内で育てるものですが、おしゃれなインテリアとして、そして「清潔に」飾るテクニックを紹介しましょう。

グリーンphoto by Bekathwia

100均の観葉植物をキッチンで水栽培する方法

ポイントは「底穴のない容器に植える」ことです。「どういうこと?」と思われる方は、ぜひお読みください。

キッチンに飾る100均観葉植物の材料

材料:お好みの観葉植物/ハイドロボール/グラスなど透明な容器/根腐れ防止剤(根腐れ防止剤は園芸専門店やホームセンターで売っています。そのほかはすべて100均で手に入ります)

容器について:透明で、ある程度深さのあるグラスなどの容器ならOKです。100均は食器類の種類が豊富ですから、容器選びをするのも楽しいものです。

キッチンに飾る100均観葉植物の作り方

1. 作業開始。まず、容器の底に「根腐れ防止剤」を薄く敷きます。文字通り、植物の根を守るためのものです。その上にハイドロボールを入れます。これは、ねんどを高熱で焼き上げた「発泡煉石」と呼ばれるもの。レンガの親戚のようなものと考えればいいでしょう。土の代わりにこの煉石を使うというわけです。

2. 観葉植物の土をよく落とし、ハイドロボールの中に植えつけます。

3. 容器の3分の1ぐらいの量の水を入れて出来上がり。その後は、容器の中の水が完全にカラになってから、また、下から3分の1のところまで水を与えます。

4. 最初はグラスなどの透明な容器のほうが作りやすいでしょう。慣れてきたら、マグカップやお椀類など、透明でない容器でも作れます。ただその場合、水の量が問題。植え込む前に容器に半分ぐらい水を入れてみて、それを別の容器に移しておくといいでしょう。その水を、植え込んだあとに植物に与えるのです。

「土を使わない」というところがミソ。土の場合、きちんと管理をしていても虫が出てしまったりすることがあるのです。そのため、リビングや寝室はもちろん、キッチンを清潔に飾ることができるのです。これは「ハイドロカルチャー」と呼ばれる方法。要するに「水栽培」というわけです。

みなさんも、水栽培での観葉植物、是非チャレンジしてみてくださいね。
動画もありますので、参考にしてみてください。

100均のコーディネートを見たい方はこちらもどうぞ。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mominoki/埼玉県/3LDK/夫婦2人家族
公開日:2013年12月18日
最終更新日:2014年7月11日