トイレリフォームの種類や機能。

自宅のトイレは、一日に一度は利用する場所です。人によっては、癒しのスペースと感じられるかもしれません。
住み始めてから何年も経っている家であれば、思い切ってリフォームし、より居心地のいい空間にしたいと思われる方もおられるのではないでしょうか。

しかし、一言にトイレのリフォームといっても、その内容は様々です。具体的には、どのようなリフォーム方法があるのでしょうか?

(以下に挙げる金額は、あくまで目安です。便器や壁紙、床材などのグレードや、リフォームを行う建物の状態などによって費用は変わります。正確な費用を知りたい場合は、ご自身の希望を踏まえて、専門の業者に見積もりを出してもらうことをおすすめいたします)

トイレリフォームの種類

トイレ

まずは「便器を交換すること」が挙げられます。
和式を洋式にするのはもちろん、元々洋式の便器を新しいものに変えることもあります。
費用はまず、便器本体の値段に左右されます。およそ4、5万円のものから、20万円以上するものまで様々です。
また、ウォシュレットなどの機能だけでなく、より掃除がしやすいよう、ふちの形が工夫されている便器や、古いものよりも少ない水量で流すことができる便器なども開発されています。

ほぼ毎日、何年も使うであろうことを考えて、ご自分の希望に沿うものをじっくり選ばれた方がいいでしょう。
業者によっても違いますが、洋式から洋式にする場合の工事費は3、4万円、和式から洋式に換える場合は、12~13万円くらいになるようです。ただし、和式トイレの床に段差がある場合は、さらに費用がかかってしまうので注意が必要です。

洋式便器の種類

トイレの種類

ちなみに、洋式の便器にも種類があり、「タンクレス便器」「タンク付き便器」「収納一体型便器」に分けられます。
タンクレス便器は、水を貯めるタンクが付いていないもの。すっきりした形で、サイズも小さいため、広めのスペースを確保することができるでしょう。ただし、手洗いのスペースを別に設ける必要があります。

また、ある程度の水圧がないと、きれいに流せないタイプのものもありますので、マンションの高層階などに住んでいる方は、タンクレス便器を選ぶ際には注意された方がいいでしょう。
タンク付き便器は、水を貯めるタンクが付いている便器のことで、水圧が弱くても問題ありません。手洗いスペースが付いているものと、付いていないものがあります。

収納一体型便器は、手洗いや収納までが一体となっている便器です。これだけあれば、トイレは完成です。
収納スペースをしっかりとることができ、コーディネートもまとまりやすいでしょう。
ちなみに、元々が洋式であっても、収納一体型便器にする場合の工事費はやや高く、便器自体の価格に加えて、5~6万円くらいが相場のようです。

なお、便器を換えるときには、機能だけではなく便器の大きさにも注意が必要です。
あまり大きすぎるものを設置してしまうと、トイレが狭くなってしまい、掃除がしにくかったり、立って用を足すのが難しくなってしまうことがあります。

ウォシュレット機能を付ける

普通の便器をウォシュレット機能付きのものにする、というのも、よくあるケースです。
この場合は便器自体を取り換えるだけでなく、便座だけを取り換え、より安価に済ませることも可能です。ウォシュレット付きの便座自体の費用に加え、大体8千円から1万円くらいの工事費がかかります。
取り付ける便器や便座によっては、自分で取り付けをすることも可能です。より費用をおさえることができるでしょう。
ただし、ウォシュレットには電源が必要なため、トイレにコンセントがない場合は、コンセントを設置しなければなりません。そうなると電気屋さんを呼んでの電気工事も必要となります。

トイレの内装

便器の交換だけでなく、内装を変えることも、トイレリフォームの重要な要素です。
壁紙や床、天井の張り替えや、棚などを作って収納スペースを作ったり、手すりなどを付けたりすることも、トイレのリフォームの一部と言えるでしょう。
床は汚れることを考えて、耐水性・耐アンモニア性のある材料を選ばれるのがおすすめです。
壁も機能面を考えて、消臭効果や調湿性のある材料を選ばれるといいでしょう。
手入れにかかる手間をなるべく省き、清潔さを維持できるようにしたいものです。

バリアフリー工事として、トイレに手すりをつけたり、車いすが入るスペースを確保したりすることもあります。
手すりを付ける場合は、手すり自体の価格に加え、1~3万円ほどの工事費がかかることが一般的ですが、手すりの形状や建物の状態によっても費用が変わるようです。

よく使い、よく掃除をする必要のあるスペースだけに、リフォームに悔いを残してしまうと、トイレを使うたびにストレスが溜まることになってしまいそうです。予算や見た目だけでなく、実際に使った時の動線や、手入れのしやすさも含めて、検討する必要があるでしょう。
ちなみに、便器や工事費の他、場合によっては必要な部品の代金などが別途かかることもあります。予定外の出費を減らすため、あらかじめ業者によく確認された方がいいでしょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は編集チームが作成しました。
公開日:2014年9月13日