バリアフリーリフォームの種類と税制・補助金

家族に高齢の方や、杖や車いすなどを利用している方がいる場合などは特に、バリアフリー工事について検討される方も多いことでしょう。本人や家族の負担を減らし、家の中を自由に動き回れるようにするバリアフリー工事は、快適な生活を送るために重要です。

バリアフリーリフォームの種類

kurumaisu

バリアフリー工事には、主に以下のようなものが挙げられます。まず、段差をなくすこと。部屋と部屋の間の敷居などのちょっとした段差でも、高齢の方や車いすを利用している方などが通る時には、移動の妨げになってしまうことがあります。専門業者にスロープの設置などを依頼するほか、自分で取り付けることができるミニスロープなどの製品も売られています。

手すりを付けることも、基本的なバリアフリー工事と言えるでしょう。玄関や廊下、階段、トイレ、浴室など、手すりが必要となる場所は様々です。手すりは自分で付けることもできますし、トイレなどに置くだけで使うことができる便利な製品も開発されています。
しかし、手すりは思った以上に負荷がかかるところです。下地補強などをせずに取り付けたために、手すりが外れ、思わぬ事故につながってしまうこともあるようです。
形状や取り付ける個数などにもよりますが、手すりの取り付けは、比較的工事費の安い改修です。安全面を重視したい方は、専門の業者に頼まれた方がいいでしょう。

バリアフリーリフォームの一環として、扉を引き戸に変えることもあります。車いすが通りやすくなり、ドアの向こうに立っている人に当たってしまうこともありません。体をひねる必要がなく、出入りも楽になるでしょう。
また、車いすなどが通りやすいように開口部を広くしようとすると、開き戸の場合は、ドアの周りに広い面積を確保しなければいけません。その点、引き戸なら狭い面積でも大丈夫です。
引き戸には種類がありますが、このうち吊り戸式という構造のものなら、床のレールが必要ないため、床に段差を作ることもありません。その点においても、バリアフリーに向いていると言えるでしょう。

日常生活の中で、特に使う頻度の高いトイレ。姿勢に負担のかかる和式のトイレを、より楽に用を足すことのできる洋式に変えることも、バリアフリー工事の一環です。
また、車いすが入れるようにスペースを広げるなどといった工事も、トイレに関するバリアフリー工事です。

この他、床材をコルク材などの滑らない素材に変える、階段などの足元が明るくなるように改修する、などといったケースも、バリアフリー工事の一環と言えます。

現在不自由はないが、将来のために早めにバリアフリー工事をしておきたい、と考える方もおられるかもしれません。
しかし、手すりの取り付けなど一部の工事については、必要になってから行った方がいい場合もあります。
例えば利き手側に手すりを作っておいたのに、利き手が不自由になってしまった場合は、その手すりを活用することができず、かえって邪魔になってしまいます。
反対に、段差をなくす、床材を滑りにくいものにするなどの「事故防止」の効果を持つリフォームは、早めに行っておいて損はないでしょう。

バリアフリーリフォームの税制優遇

節約

特定のバリアフリー工事を行うことで、税制面の優遇を受けることができます。
たとえば、住宅ローンなどを利用してリフォームを行うときは、一定の条件を満たしている場合、「住宅借入金等特別控除」や「特定増改築等住宅借入金等特別控除」といった優遇制度を利用し、税額控除を受けることができます。
また、ローンを利用していなくても適用される「住宅特定改修特別税額控除」や、固定資産税を軽減することができる制度もあります。
それぞれに、工事の内容や控除を受ける方の所得金額など、細かな条件が設定されていますので、ご自分が利用できる制度かどうか、確認されるといいでしょう。

バリアフリーリフォームに関する補助金

また、バリアフリー工事をすることで受け取れる補助金の制度もあります。
40歳以上の方が保険料を負担している「介護保険」では、要支援、または要介護1~5と認定された在宅の方に対し、一生涯に20万円まで、バリアフリー改修の費用の9割を補助してくれます。ただし、要支援・要介護認定区分が3段階以上上がった場合、または転居した場合には、改めて20万円までの上限が設定されます。
どのような工事を行うか等、一定の条件がありますので、詳しくはケアマネージャーなどの専門家に確認する必要があるでしょう。
また介護保険以外にも、各市町村が補助金制度を設けていることがあります。地方自治体の窓口などに問い合わせてみたら、利用できる補助金があるかもしれません。
せっかくですから、こういった税金の優遇制度や補助金も上手に活用していきたいものです。

高齢者がいる家庭だけではなく、妊娠中の女性や小さな子供がいる家庭にとっても、バリアフリーは重要な要素です。
「まだ早すぎる」と思わず、早いうちから検討されておくと、後々役に立つかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は編集チームが作成しました。
公開日:2014年9月22日