「おもてなし」のこだわりコーディネートは、テーブルクロスとプチブーケで!

自宅に来客があるとき、あるいは自宅でホームパーティをするとき、お客様を迎えるために部屋をどうコーディネートするかは、多くの人にとって頭を悩ますテーマではないでしょうか。

いつもと違う!を演出するテーブルコーディネート方法

いつもどおり、でももちろんかまいませんが、できれば「すてき」と思われるような演出をしたいもの。けれど、お金はあまりかけたくないし、それに使えるアイテムもない。そういう方のために、私のこだわり「おもてなしコーディネート法」を紹介しましょう。

私がいつも使うアイテムは2つだけ。それはテーブルクロスとプチブーケです。

テーブルクロスで特別感を

今は、リビングのテーブルにふだんクロスをかけないのがふつうでしょう。それに慣れてしまっていますので、来客があるときでもテーブルクロスを思いつかないのではないかと思います。

テーブルクロスphoto by Daniel E Lee

けれど、特にホームパーティの時などは、クロスがあるとないとでは、まったく印象が変わります。たとえば、一流ホテルや老舗レストランで、クロスのないところはありません。ファミレスと一流レストランのちがい、と考えるとわかりやすいでしょう。

クロスには特別な、おもてなし感があるのです。

何も高価なクロスを買う必要はありません。生地を買ってきて自分で作ってもいいのです。

コーディネートで失敗しないためには、なるべく無地のもの、素材は麻か綿を選ぶと良いでしょう。複数のクロスを持っていれば、季節やそのときのお客様にあわせて「模様替え」することもできます。

カーテンやカーペットの模様替えはだれでも考えますが、来客ということを考えると、実はテーブルクロスを変えたほうがずっと効果的なのです。

プチブーケでテーブルに彩りを

それからもう1つの「プチブーケ」。

ブーケphoto by Nata S

最近は500円ぐらいの小さなブーケを店頭に並べている花屋さんが増えてきました。ワンコインブーケというわけです。たとえばこれを3つ使っても1500円。季節によっていろいろなカラーがありますので、そのときに合わせて選んでみましょう・

テーブルのお花photo by QUOI Media

これは他のテーブル、台にももちろん活用できます。

例えば玄関とリビングのテーブル、そしてトイレに置くだけで、部屋が華やぎ、お客様の目を楽しませることができるのです。

玄関にはピンク系のかわいいブーケ、リビングには鮮やかなオレンジと黄色のブーケ、トイレには落ち着いた白とグリーンのブーケ。たとえばこのように使い分けると、効果的な演出ができるでしょう。そのブーケを生かすためにも、テーブルクロスは無地がいいのです。

もちろんすべての花屋さんでプチブーケを用意しているわけではありません。

店頭になければ、用途を説明して、ワンコインで作ってもらえばいいのです。「500円のブーケなんて、注文しにくい」と躊躇する必要はゼロ。すべての花屋さんが喜んで作ってくれるでしょう。

もちろん、これは来客用限定ではありません。ふだんでもクロスをかけたりプチブーケを飾ったりすることで、くらしに彩りが加わりますし、さきほどお話ししたように、「模様替え」で気分転換もできるのです。

家族の記念日などに、いつもとちがうコーディネートで、特別感を演出してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ユトリロさん/埼玉県/3LDK/夫婦2人
公開日:2013年10月23日
最終更新日:2013年10月26日