ELPA ワイヤレスチャイム 押ボタン送信器セット EWS-1001のレビュー

後付タイプのチャイムのELPA ワイヤレスチャイム 押ボタン送信器セット EWS-1001を購入しました。ELPAの送信機の増設用タイプのEWS-20を購入して母屋に付けたところ、便利な生活を送ることができるようになったので、離れにも設置しようと思ったからです。

ELPA ワイヤレスチャイム 押ボタン送信器セット EWS-1001は、来客が押す送信機と受信機本体がセット状態になっています。増設する予定は今のところないので、最初から押しボタン送信機もセットされていたEWS-1001を買いました。

状況次第で、後から送信機と受信機の増設も可能にもなっているので、まずは、1セット状態を使ってみてからということで、EWS-1001を付けることにしました。受信機の増設も可能なところにも魅力を感じたので、EWS-1001に決めました。

ELPA ワイヤレスチャイムのおすすめポイント!

EWS-1001

ワイヤレスチャイムなので、壁面に配線もむきだしにならないので、送信機と受信機の間に距離があっても、見た目を損ないません。受信機には、単三アルカリ乾電池3本と、送信機側にはコイン型のリチウム電池を1つ使う仕様になっています。1日10回押して、だいたい2年持つ仕様の商品になっています。押しボタンは防雨タイプなので、設置してから何度も雨が降りましたが、何の問題もなく使えています。

EWS-1001sousin

購入した理由は、自宅で仕事をする際には、母屋よりも離れで作業をしていることが多いので、後付チャイムが別途必要になったからです。仕事を離れでしていると、家族が大きな声で、「ちょっと!!ドア開けて!!
「ご飯だよ」なんて掛け声を大声でするので、勘弁願いたいと思ったからです。田舎に住んでいますが、隣家まで距離のある田舎では、屋外での声もやたら大きいのも特徴。

隣家まで距離が多少あるとはいっても、夜ともなれば、声はひびきます。
頼むから用事があるときは、携帯に電話してと言っても、大声で呼ばれてしまいます。家族も、在宅時だと必ず携帯を持ち歩いているわけではないので、離れに来たときに、携帯が母屋に置いてあると取りに行くのも面倒なようで、大きな掛け声を出されてしまいます。

でも、ELPA EWS-1001をつけてからは、押すだけで手間がないので、後付チャイムを必ず押して貰えるようになったので、良かったです。

送信機は1階に設置しています。受信機は2階です。送信機と受信機の直線距離は、だいたい20mくらいだと思います。距離がある方だと思いますが、何も問題なく作動しています。20mくらいありながらも、混信することもなく安定した使用感です。

購入先は地元のホームセンターで、2500円くらいでした。
送信機と受信機の色がシンプルな白なので、部屋の雰囲気も崩すことなく設置できる点も気に入っています。受信機はフックでかけました。

通信相手を認識するための識別符号は、25万通り以上もある混信がないチャイム仕様なので、商業的な利用にも使えると思いました。

個人での使用でも、電波到達距離が50mもあるので、部屋と部屋の呼び出しにも応用できる便利な商品だと思いました。
チャイムの音色も8種類もあるので、用途によってチャイム音を変えると、どこから誰が呼んでいるのかということがはっきり分かるので、呼んでいる人の要件もだいたいの予想がつきます。ということで、玄関の後付チャイム以外にも、いろいろな使い方ができる大変便利な商品だと思いました。

こちらもどうぞ:ELPAワイヤレスチャイム ランプ付き受信機 増設用EWS-20のレビュー

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:2015年3月13日