100均で購入して失敗したという意見が多いアイテム10選とその理由

住まいや生活でよく使うものでの失敗品を集めました。あくまで私のまわりで評価が低いものですのですべての100円ショップにおいて質が低いという事ではございません。

気がついたらクオリティ上がってる!!となるのも100均の魅力だと思っています。より便利な100均ライフの参考にしてみてください。

100均で購入を失敗したもの10選

sippai

音質が良くないイヤホン

一度は100均のイヤホンを買ったことがある、という人も多いのでは?でも、100均のイヤホンの音質は決して良いとは言えません。音楽を楽しむためには、音が鮮明であることも大事な要素ですが、100均のイヤホンは、音がはっきり聞こえないので聞いていてイライラしてくることも。ヘッドホンも音質が悪いという意見多数。

寿命が短い乾電池

液漏れしたことがあるという声が多く寄せられている100均の乾電池。経験したことがある人も多いでしょう。液漏れしなくても、寿命がびっくりするほど短くてすぐダメになった、という経験をしたことがある人が多いのも100均の乾電池です。
100均の乾電池は、壊れても問題なさそうな家電品に使った方がいいかもしれません。
たまに日本の会社の乾電池が売られているので、100均で購入するなら、そういったものを購入するといいでしょう。

ガスタイプのトイレ用消臭スプレーが霧吹き状態

100均のトイレ用の消臭スプレーは、日本のメーカー品のトイレ用消臭スプレーようなつもりで使うことはできません。100均の消臭スプレーから出てくるものは、まるで霧吹き状態のもの。トイレ空間の全体に100均の消臭スプレーを使うと、便座や床にスリッパまで濡れてしまいます。もしも100均の消臭スプレーをトイレに使うのなら、便座にかからないように、便器の中だけに噴霧するといいかもしれません。

吸盤タイプのホルダー

商品によっては、しっかりとくっつく吸盤のものもありますが、ほとんどの吸盤はすぐに落ちてしまいます。タオルホルダーの吸盤、食器用スポンジホルダーの吸盤、フックホルダーの吸盤など、いろいろな商品に吸盤が使われていますが、100均の吸盤商品はどれも落下頻度が高いです。車の遮光ネットの吸盤も弱いことが多いです。
吸着力が弱まった吸盤は、70℃~80℃のお湯に数分入れておくとすぐに復活しますが、それでも100均の吸盤は、この復活技も通用しないこともあるくらい、すぐに落ちてしまう吸盤が多いです。

目覚まし時計と掛け時計は秒針がうるさい

100均の目覚まし時計や掛け時計は、秒針の音が大きなものが多いです。目覚ましどころか、夜なのに眠ることができないなんてこともあるのが100均の目覚まし時計。掛け時計であれば、寝室以外で使うなら秒針の音はさほど気にならないかもしれません。ただし、壊れやすいのが難点。

当たりハズレがあるはさみ

100均のハサミは、当たりハズレの差があるので安定していません。切りにくいはさみに当たったという声の方が圧倒的に多いです。最初は切れ味抜群でも、すぐに切りにくくなってしまうのも100均のはさみの特徴です。

充電できないUSB充電ケーブル

100均のUSB充電もハズレに当たると、すぐに充電できなくなったという声が多数。当たりだと108円で買えるので、問題なく充電できるすぐれものになります。100均の家電品は、一定数ハズレが紛れ込んでいるという意見が多いです。

先端が弱いドライバー

100均のドライバーは、先端がすぐに潰れてしまうことも。せっかくDIYをしようと思っても、肝心のところで、ドライバーの先端がダメになり中途半端なところで止まってしまうこともあるので、要注意。

ネジも潰れてしまうことがある

100均のネジも、ドライバーと同様に潰れてしまうことがあります。100均のドライバーと100均のネジを合わせて使うことで、両方が同時に潰れることがあるため、最後までネジが埋まらずに、途中で浮いたままどうにもならなくなってしまう、ということもありえるのが100均のネジです。タオルハンガーやポール専用のフックを止める部分にネジが付いているものもありますが、途中で潰れることもあるためおすすめできません。

切りにくく粘着が弱いセロハンテープ

ダメなものに当たると使うときに100均のセロハンテープは、テープが剥がしにくく、カットもしにくいという声が多いです。カットするときにテープがよれる、少し熱がこもった場所に保管しておいたら、使う前のセロハンテープの崩れたことがある人も。

以上が10選になります。

最近では、100均にも日本の会社のものも売られているので、そういったものを選択すると失敗しない可能性が高まるかもしれません。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
この記事は編集チームが作成しました。
公開日:2015年4月29日