洋服の整理と収納方法

整理しなければどんどん増えていく衣類。特に洋服好きであればある程、クローゼットに入りきれなくなってしまうこともしばしば。

ぎゅうぎゅう詰めになったクローゼットでは洋服を選ぶ時に何処に何があるかわからないし部屋が散らかる原因は洋服の多さだったりもします。そんな洋服の整理と収納の方法を紹介したいと思います。

溜まる洋服の整理と収納方法

洋服

出来れば気持ちよくスッキリ暮らしたいので、私は衣替えの際に必ず衣類の棚卸をしています。

方法は箱を三つ用意し、「着る物」「捨てる物」「売る物」に分けていきます。汚れていたり傷んでいる衣類は迷わず「捨てる物」の箱へ入れ、まだ着られるけれど気に入っていない洋服や昨シーズンに一度も着なかった洋服は捨てるのは勿体ないので「売る物」の箱へ移します。

洋服をオークションで売るコツ

売る洋服は、全てヤフーオークションに出品しています。

高く落札されなかったとしても、捨てるよりは絶対に得ですしゴミも減らせるのでエコになります。出品する際にとても大切な事は、シミやほつれのチェックと写真撮影です。

例えば全く同じブラウスでも、しわしわのまま雑に撮影した写真とアイロンをかけて綺麗な背景で写したものとでは、入札件数や落札金額に大きな差が出るのです。

そして、季節外れの衣類もやはり落札されにくくなりますので、シーズンの早めに出品するのがポイントです。

冬の終わりにダウンジャケットを出品したところで、残念ながら入札してくれる人はなかなかいません。

なので、衣類の棚卸は衣替えのタイミングで行いオークションに出品するのがおススメです。この方法でお部屋はスッキリし、クローゼットも必要な衣類だけでとても使いやすくなります。

着る洋服の収納方法

「着る物」の収納法は、ボトムス、トップス、ジャケット、ワンピース等各種類ごとに分別してハンガーに掛けます。

こうする事で何が何処にあるか一目瞭然でコーディネートする時に選びやすくなります。

衣類の種類毎にそれぞれの居場所を決めてあげるのです。

不要な衣類を減らし、種類毎に収納する事によって、見た目がスッキリした快適なクローゼットになります。

捨てるものはリサイクルに

捨てると判定したものは、もうオークションなどでは売れないような洋服です。シミがついていたり、ほつれがあったり、もうリサイクルショップでも売れない洋服は、リサイクルに出しましょう。

近所でサイクル出来る場所は意外と多いものです。自分にとっては要らないものでも、誰かにとっては必要なものになるはずです。

ただ、リサイクルに出すのも躊躇われるような傷みがひどいものなどは、切って雑巾などに使っても良いと思います。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
marumar7
公開日:2014年2月17日