100均はぎれ布を使っておしゃれに収納

100均に売られている端切れ(裁縫向けの大きな布)は収納において「隠す」ことと「見せる」ことが同時にできるアイテムです。

100均のはぎれ布で収納

布

収納場所が限られている小さなアパートでも出来るだけおしゃれに、簡単に部屋をすっきりさせられればと思って考えた方法です。その活用方法のいくつかを紹介したいと思います。

仕舞えない家具・家電の目隠し

材料:100均布+洗濯バサミ
方法:隠したいものの寸法に合わせて布で包んで隠し、最後に見えない位置で洗濯バサミを使って布を固定します。夏場使わないけれどしまうことのできない、備え付けのストーブなどを暖かくなっても出しておくのは少し…というときに使っています。ほかにもプリンタや空気清浄器にも使えますね。

収納ボックスの目隠し

材料:100均布+カゴもしくはフタのついていない収納ボックス
方法:普通に使っている収納の上から中身が見えないサイズに折りたたんだ布をかぶせてフタをします。雑貨や日用品を入れた収納は取り出しやすい方が便利ですが、上から中身が見えるタイプだと見た目からごちゃごちゃしますし、ほこりをかぶりやすいので。ひと手間かけて布をかぶせると見た目もすっきりしますし、普通のフタと比べて場所をとらないのでさっと出し入れできます。

おしゃれに棚の目隠し

材料:100均布+厚紙もしくは下敷きなどの板
方法:棚の隠したい段の一つ上の棚板から、棚の隠したいサイズに折るなり切るなりして調整しておいた布を垂らし、布が重力で落ちないよう上の段の棚板の部分の布を厚紙や板で抑える。(予備の棚板があればそれを使うとより自然になります)布をカーテンのように使って棚のものを隠します。本棚や雑貨の棚の棲み分けが難しくなってきたときにどちらかを隠したり、単純に見せたくないものを隠したり、使い道はいろいろあります。

100均で買える布でも、柄の種類が結構あるので、自分の部屋にあったテイストを選べるところが良いところです。紹介した方法以外でも、布はとても収納に融通が利くので皆さんにも試してほしいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
キョウすけさん/青森県/一人暮らし
公開日:2014年5月12日