収納力抜群! 装飾もできる不二貿易のディスプレイラックのレビュー

不二貿易のディスプレイラックをアマゾンで購入しました。
不二貿易のディスプレイラックを購入する前は、書類や本や雑貨類が散乱していました。既にある別の本棚はいっぱいで、もう入るスペースはありません。かといって、どれも必要なものなので、捨てることもできません。そこで、新たに必要になった書類や本が、次々と机の上に場所を陣取っていくようになってしまいました。

机の上には、本や雑誌や書類が積み重なっている状態だったので、部屋がスッキリしませんでした。机の上にまで、仕事関係の本や書類が散乱していたので、仕事をするスペースも狭くなってきてしまっていました。

不二貿易のディスプレイラックのレビュー

dpl

忙しいときでも、書類や本と雑誌などを雑にまとめて置いても隠せるものが良かったので、隠せる、大容量保管をテーマに本棚を探しました。アマゾンを見ていたら不二貿易のディスプレイラックなら、こういう状況も解決できると思ったので、即決で購入しました。
容量がかなりあるディスプレイラックなので、どんな雑誌や本でも楽に入りそうだったからです。設置場所は、自宅の仕事部屋です。

納品後の組み立てはセルフです。ちょっとだけ組み立てが難しかったですが、組み立ててさえしまえば、後の収納生活が楽になります。時間は、1時間かかりました。こういった作業が得意な人であれば、もっと短い時間で組み立てることが可能な商品だと思います。組み立て作業は、電動ドライバーで進めました。その方が楽でした。

不二貿易のディスプレイラックの良いところは、深い落ち着いたブラウンになっているので、和室でも洋室でも合うところです。ディスプレイもできる大容量のラックで、ディスプレイラックを下ろせば、美容院やクリニックに置いてある、おしゃれなフロントのような雰囲気にすることも可能です。

忙しいときに、雑に本や書類をまとめて置いていても、ディスプレイ部分を下ろせば簡単に隠すことが可能なので、部屋をいつでもスッキリとさせることができます。ディスプレイラックには、雑誌や本をかけておけば、それだけで魅せる収納になるので、センス不要なところも気に入っています。

仕事関係の雑誌や本は、大きなサイズで厚さのある本が多いですが、どんなに大きな本でも、たいてい入るので、ストレスもありません。ディスプレイ部分を開けたままの収納もできるので、余っているスペースに雑貨を置くと、別の装飾効果も出てきます。

ディスプレイ部分に、本や写真を置くこともできるので、使い方次第で、いくらでもいろいろな表情を付けることができる、大容量タイプの便利なディスプレイラックだと思いました。

この商品を購入してからは、部屋がいつでもスッキリとしています。不二貿易のディスプレイラックは、プレイベートルームから、商売をやっている方まで、場所を問わずに幅広く使える実用的で丈夫な商品だと思いました。購入価格は約6千円でした。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
公開日:2015年3月12日