足が寒いときの対策!安価で手に入る便利グッズを3つ紹介。

冬の寒い日、暖房をつけて毎日生活をしていると、電気代もかかりますしお肌も乾燥してしまいますよね。特に専業主婦をされている方は、1日家にいることも多く、冬は悩まされるものではないでしょうか。暖房をそれほど使わないシーズンと比較すると10畳一間でも一ヶ月辺り1万円程度違ってくると思います。

5本指靴下

そういった悩みの解消になると思いますので、私が行っている暖房を使わない寒さ対策を紹介させていただきます。

暖房を使わずに服や小物であったかく過ごすための便利グッズ

私は専業主婦でほとんど家にいます。先述の通り、冬場の電気代は非常に気になりますよね。

私は極度の冷え性寒がりですが、そんな私が実践している寒さ対策は、とにかく着込む、身につけること。しかし、ただ厚着すればよいというわけではありません。効率の良い防寒方法やグッズを紹介します。

足の冷えに5本指靴下

寒さは足のつま先からくるので5本指ソックスを24時間着用しています。冷え性の人には普通のソックスではなく5本指ソックスが良いと聞き、それ以来年中5本指ソックスを履いています。5本指ソックスは会社勤めをしている時におじさんが使っていたので抵抗がありましたが、使ってみると血行も良くなり最高です。

そして、寒さが特に厳しい季節は、厚手の靴下を重ね履きしています。これによってつま先からくる寒さが抑えられます。

足首からふくらはぎにかけて冷たくなることがあるので、5本指ソックスか重ね履きするソックスのどちらかをハイソックスにしたり、レッグウォーマーを履いたりしています。そうすることで、ボトムスの裾がめくれた時の寒さが気になりません。女性用の5本指ソックスなどもあるので試してみると手放せなくなると思います。

アウターではなく保温インナーを重ね着!

そして、とにかく着込むことです。

最近では暖かいインナーがたくさん販売されています。それらを肌着に来て、更に何枚も着用すると良いでしょう。

私は寒さの厳しい時季は裏起毛のインナーを着て、その上に厚手のスウェットトレーナーを着て、その上にフリースを羽織っています。

もっと寒い時は、インナーとスウェットトレーナーの間にタートルネックなどを1枚追加するようにしています。ボトムスは、裏起毛タイプのルームパンツや暖パンを着用しています。

家の中にいるのにかなり着ぶくれしてしまいますが、これで暖房がなくてもある程度は耐えられます。電気代を節約されている方にもお勧めです。

流行の着る毛布

更に付け加えるとすれば、家事などをしていない読書やパソコンに向かっている時などは、流行の着る毛布や毛布を体に巻きつけてなるべく全身を覆うようにすると更に暖かいです。できればマイクロファイバー製の物を使ってみると効果が実感しやすいと思います。

ファッション性が保たれているものも多いですし、静電気防止や防臭などの嬉しい機能が付いているものもあります。安いものでいいと思うので試してみるとよいでしょう。

これらの身につける防寒グッズにあとは定番のカイロを身につければ完ぺきです。寒いとお腹や腰や肩が痛くなるので、貼るカイロを冷えが気になる部分に貼ると良いでしょう。つま先用の貼るカイロもあるので、貼るカイロを冷えの気になるところに貼ると暖房がなくても耐えられると思います。

まだまだ寒い日が続きますが、温かい恰好で冷え知らずの冬を送りましょう。電気代節約のアイデアはこちらに沢山まとめてあります。→電気代の節約アイデア

スポンサーリンク
スポンサーリンク
こっこさん/2人家族夫婦のみ/島根県
公開日:2014年3月7日
最終更新日:2014年7月10日