部屋を涼しくする方法は霧吹きがおすすめ!

暑い夏。冷房をつけて暑さをしのぎますが、あまり冷房に頼るのも好きではないという方も多いのではないでしょうか。そんなあなたに私が行っている、冷房を使わない暑さ対策を紹介したいと思います。

冷房を使わず部屋を涼しくする方法

暑さ対策のポイントは水!とにかく水を意識することです。具体的にどのようなことか、説明していきましょう。

相鉄線 二俣川駅構内のミスト冷却装置

水が蒸発するとき、水は気化熱と言って熱を吸収します。蒸発と言ってもコンロや、ケトルなどで沸騰させるわけではありません。ただ単においておくだけでOKです。

霧吹き

では、実際に行うことを説明していきます。その前に前提にしていただきたいことがあります。それは、涼しくしたいところに風の流れがあるかということです。ないのでしたら作っていただいても構いません。うちわであおいでも効果はあると思います。水も重要と書きましたが、風も重要です。

それでは説明していきます。コップや洗面器、鍋といった容器に水を入れます。この際、使用する容器はできるだけ口が広いものを選ぶといいです。これを風上においておきます。次に風下にもう一つ同じように容器を設置します。はい。これで完了です。後は風さえあればその空気がどんどん冷やされていきます。効果を実感できない方は容器の水を氷水に変えてみてください。ただ水を置くより効果が実感できます。

霧吹きで暑さが抑えられる!

それでも効果が実感できない方は、最終手段をお伝えします。それは霧吹きを使うことです。霧吹きに水、または氷水を入れ風上や風下に散布してください。これは、暑い時期には湿気が多いのであまり使いたくない手なのですが、効果がさっきよりも確実に現れます。網戸がおうちにあるかたでしたら、網戸に散布するだけで十分効果があると思います。

私の実家は、家の周りを川が流れており、川に面している部屋の空気が他の部屋と段違いに涼しかったのを覚えています。そこからこの方法を思いついたのですが。効果抜群です。私はこの方法で毎年暑い夏を乗り切っています。霧吹きは百円均一にも売っていますし、ガーデニングをされる方でしたらお持ちの方もいらっしゃると思います。

また、市販品ではこういった商品もありますからあると便利ですよね。

両方法、どちらも費用があまりかからず簡単に実践できるのでぜひ、一度活用してみてください。

暑さ対策の記事はまだ沢山ございます。「電気代節約」のアイデアから是非ご覧ください。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
Renuprmfrさん/一人暮らし/愛知県
公開日:2014年3月12日
最終更新日:2014年7月10日