暖房代節約のアイデア。寒さ対策を工夫しよう!

寒い冬!どうしても暖房に頼ってしまいますが、暖房代がかさむことが気になりますよね。できるだけ暖房を抑えて、温かく過ごしたいものです。

そんな我が家の暖房を抑えてすごすちょっとしたコツを紹介したいと思います。節約に、節電に、是非実践してみてくださいね。

足元あったか

暖房を使わずに部屋で温かく過ごす方法

我が家の暖房節約術は、家族みんなが一つの部屋に集まって生活することです。さらに、熱を逃がさないような工夫をしたりすることで、温かく過ごしましょう。

部屋の温度を下げないコツ

特に夕食の時は、なるべく鍋物にしてみんなでほかほか鍋をつつくようにしています。最近では、鍋のものも種類が豊富になっているので、なかなか飽きない楽しい食卓になるのではないでしょうか。

部屋の熱を下げないコツは、カーテンは厚めのものに変え、窓の隙間の部分には、ぞうきんを置いてわずかな隙間風をシャットアウト。今では、隙間テープはホームセンターなどで購入することができるようです。こうすることで、部屋の熱が下がるのを防ぐことができます。

足下を冷やさないが基本です。

床は、厚手のカーペットで足元からの冷えを防ぎます。また、スリッパはフリースタイプの長靴型のものにしています。足首を温めると体がポカポカとしてきます。部屋の中でも、寒いかなと感じたら、とりあえず、厚めの靴下をはき、上着を1枚増やしていきます。今は、洗えるフリースなどの商品も豊富に出ているので、気軽に部屋着としてだけでなく、お布団の代わりブランケットとして使ったり、ひざ掛けにしたりして重宝しています。ただし、窓もあまり締め切ってしまっていると空気が汚れてきますので、1日に数回は換気を心がけましょう。

体を温める生姜の活用方法

寒さ対策といえば、部屋だけではなく、体を温めることも重要です。

体を温めるといえば生姜ですよね。この体を温める生姜の我が家での活用法ですが、とにかく生姜をまとめておろしておき、瓶に入れて冷凍しておきます。使いたいときに、いつでも気軽に使えて便利です。生姜湯(シナモン・黒砂糖)や生姜紅茶にしてのんだり、生姜キンピラにしてゴマをたっぷりふりかけて頂いたり、お味噌汁にも生姜をたっぷり入れて、ご飯にも生姜を混ぜ込んでいただきます。意外にどの料理にも合い、癖になります。とにかく鍋にもカレーにもどんな料理にも合いますのでお勧めです。

寒さ対策グッズを家の中でも!

それでも寒い!という場合は寒さ対策のグッズは、とにかく手首足首、首を守るようにすること。手袋、レッグウォーマー、マフラー、帽子をかぶり、防寒します。マスクも防寒にとても役に立ちます。また、ボディウォーマーやカイロを使うのも効果的大変です。

いかがでしたでしょうか。こういった工夫はひとつひとつの効果は薄いのですが、積み重ねていくととても快適な生活が送れるようになります。興味があるかたは是非ひとつでも実践してみましょう。他にももっとアイデアが知りたいという方はこちらへどうぞ→電気代の節約!すぐ出来る主婦のアイデア集。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mさん/母娘/福岡県
公開日:2014年3月7日
最終更新日:2014年7月10日