夏の節約に!日中エアコンを使わずに過ごす方法。

近年の夏はエアコンなしではとても過ごせない程異様な暑さです。
エアコンを一日中つけていると電気代もかさみ、体も冷えて体調も崩しやすくなります。暑い中過ごしても体は消耗しますし、エアコンがガンガン効いている中で過ごしても体調不良になります。ちょっとした工夫で夏が快適になりますので是非お試しください。

日中エアコンを使わずに過ごす方法

水

そこで私が実践している最低限のエアコン使用で快適に過ごせる方法をご紹介します。

防熱レースカーテンで熱を通さず風を通す

まず、窓にはUVカット加工の防熱レースカーテンを使用します。
このカーテンは太陽の光と熱を遮断する効果がありますが、風もしっかり通すので重苦しい感じではありません。
日の当たらない部屋はひんやりしているのでその部屋近くに扇風機を置き、家の中全体に風が通るように回します。
これだけでも家事で家の中を動き回っても汗だくにならずに過ごせます。

保冷材で首を冷やす!

だんだん昼を過ぎていよいよ暑さもMAXになってきたところで細長い保冷剤を首に巻きます。
この保冷剤はケースとセットで100均に売っているので安く手に入ります。
首の後ろの付け根部分にある少し突き出た骨に当たるように保冷剤を巻くと体全体を冷やす効果があるので体が熱を貯めにくくなります。
これをしていると火を使うキッチンでの作業も楽になります。
また、汗をかいても保冷剤を巻いていたら滴る事も無いので逆に汗で体を冷やすという事も無くなりお勧めです。

シャワー&水分補給もしっかり

あとは、シャワーを浴びる事と水分をきっちり摂る事です。
水ではなく、38℃くらいのぬるま湯のシャワーで汗を流すと汗疹の予防にもなりますし、汗で体がベタベタになる事もありません。
水分も意識して摂るようにする事が大切です。
冷たい水やスポーツドリンクをいつでも飲めるように魔法瓶に入れておいてこまめに摂る事で体の熱も下がりますし、熱中症の予防にもなります。
魔法瓶に入れておくことでちょこちょこ冷蔵庫を開ける手間も電気代も節約出来るので魔法瓶は重宝します。

象印さんの魔法瓶がお洒落で個人的には好みです。

エアコンは28度エコモードで!

いよいよエアコンは日が落ちかけた時に設定温度28℃のエコモード運転で入れます。
昼間と違って夜は日も落ちる為、レースのカーテンの上に分厚い遮光カーテンをするだけで28℃でもエアコンは充分効きます。
日中の長い時間エアコンを使わずに夜だけ28℃で入れるだけで大幅に電気代が節約になります。
消費税増税で電気代も高くなっているので少しの工夫で体に無理を掛けず長い目で節約することが大切だと思います。

細かなアイデアの積み重ねですが、長い夏ですから体のケアは大切です。お出かけや楽しいことも多い季節です。自分の体を大切に過ごしましょう。もっとアイデアを知りたい方はこちらもどうぞ→冷房を使わない夏の生活を実践!私の暑さ対策方法。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
mochiさん/神奈川県/夫と二人暮らし
公開日:2014年4月18日
最終更新日:2014年7月10日