夏場の電気代を通常の半分に抑えられた!我が家の節約成功談

昨年の丁度夏場に、アパートから一戸建てに引っ越しました。以前から、平均的に電気代は安くて、友達からは、どうしたらそんなに安くなるのかと驚かれていました。自分では、そんなに意識していたわけではなく、たまたまそうなったというだけなんですけど・・・。

よく、雑誌などで見る、節約方法と比較すると、自然にエコになっていました。どのような方法をしていたか紹介したいと思います。

電気代を半分に抑える節約方法

一例として・・・

  1. エアコンは使わない。
  2. 扇風機は人に向けずに天井もしくは床に向ける。
  3. コンセントからプラグを抜く。
  4. お米は、まとめて焚いて冷凍保存。
  5. 一日のご飯支度は、涼しい朝に済ませる。掃除機がけも、同じく。(週2回掃除機がけ)
  6. 冷蔵庫の中は、整理しておく。冷凍庫は、隙間なく保存して、冷却アップ!
  7. 圧力鍋で、時短調理。
  8. 節水型洗剤で、時短洗濯。
  9. 子供が、扇風機を使いたがったら、お風呂で水シャワーを浴びる。
  10. 天気予報で、猛暑日と予報されたら、イオンなどのショッピングモールに出かけて、時間潰しをする。

など、普通にしていると、電気代はだいたい3000円前後くらいになります。

子供が小さいうちは、公園にお弁当持参で行くので、昼間のテレビや、扇風機も使いません。
なるべく、自分に負担がないようにしていたら、自然と節約になるとおもいます。

おやつでも手作りで

子供のおやつも、なるべく電気もガスも使わないレシピのものを、夏場は作るようにしています。

ひんやりデザートレシピ:ブルーベリーヨーグルトムース

材料は以下の通りです。

  • 冷凍ブルーベリー200グラム
  • ヨーグルト   400~450ml
  • さとう     110グラム
  • ゼラチン    10グラム
  • 水(ゼラチン用) 大4

作り方もとっても簡単ですよ!

  1. 大4に水で、ゼラチンをふやかし、レンジで30秒チンする。
  2. ブルーベリー、ヨーグルト、さとうをフードプロセッサーで撹拌する。
  3. ゼラチンを、フードプロセッサーにいれて、もう一度撹拌する。
  4. 容器に流しいれて、冷蔵庫で冷やす。仕上げに、イチゴジャムか、ブルーベリージャムを水で少しのばしたものをかけて出来上がり。
  5. うちの子供はプリン、ゼリー系が好きなので、よくこういうおやつは作ります。簡単なので、誰でも簡単に作れます。

今年の夏は、電気代も値上げになったので、今までより上がりそうですが、意識して節電していきたいです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ままさん/北海道/夫婦、子供二人
公開日:2014年4月25日