部屋で猫を飼っている人のための爪とぎ対策

猫と一緒に暮らしている人にとっては、可愛い反面、困ることも多くありますよね。

私の家ではペット可の賃貸マンションで、猫を1匹飼っています。猫は、完全室内飼いであれば、散歩の必要もなく、臭いもそんなに無いので楽ですが、唯一、爪とぎに悩まされました。そんな我が家の爪とぎ対策を紹介します。

部屋で猫を飼っている人のための爪とぎ対策

cat2

猫は爪をとぐものです。もちろん、しつけも大事ですが、普段からストレスを溜めないように猫が自由に遊べる部屋であれば、爪とぎは少し減るものなのです。

高い棚で猫の歩く道を

猫は高いところが好きなので、飼い主も驚くようなところに時々登ります。薄型テレビの上から、ドアの上まで、細いところでも高ければ登りたがります。実家の分譲マンションでも、二匹の猫を飼っていますが、そこでは、猫が自在に高いところを歩けるように高い部分の欄間を取り外しています。賃貸マンションではなかなかそのようにはいきませんが、東京都内の内覧した物件の中には、猫専用マンションもあり、猫が高いところで遊べるような棚のようなものが設置してありました。猫専用マンションは、そんなに多く存在しないので、そのような棚が最初から無い場合は、アイリスオーヤマなどでも購入することができます。アイリスオーヤマは、ペット家具特集なども行っているので、ペット用の家具が他の通販会社と比べて充実しているように感じます。

ペット用のフローリングで床をカバー

また、最近の物件はフローリングの物件がほとんどだと思いますが、ペットとおもちゃなどで遊ぶ際に、ペットがよく滑ります。フローリングの床は、猫や小型犬にとっては、時として、骨折の原因になったりすることもあり危険な場合があります。そういった声をふまえ、大建工業という会社から、ペット専用のフローリングが出ています。通常のフローリングと比較して、ペットが滑って怪我をしないように滑りにくい設計がされていますので安心です。若い猫は、よく家の中で走り回ったりするので、こういった床材を使用するとひっかき傷など、ペットの爪で床に細かい傷をつける心配も少なくなりますので、おすすめです。フローリングは、長く使うものですので、室内でペットを飼う場合は、予めペット用のフローリングを使用すると長く使えます。

ひっかかれないようにカバーをするのも1つの手ですが、猫が遊べる、ストレスをためない空間を作ることも試してみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
miuさん/一人暮らし/東京都
公開日:2014年2月13日
最終更新日:2014年5月31日