室内飼いの猫が、安全に冬を越すためにドギーマンの夢こたつ

地方の持家でオスの猫を飼っています。基本的には室内で飼っていますが、外に出ることもあります。ただし、人間と必ず一緒でハーネスをつけてリードでつないで散歩をしています。それ以外では、ドッグポールにつないでいる状態です。

それでも屋内にいる時間の方がずっと長いですが、真冬の室内飼いの猫の問題点は、人間用のこたつが満員になって、人の足の本数が増えるので、飼い猫の治安が急激に悪くなるという点です。

東北の築30年以上の家なので、こたつや石油ファンヒーターなど、冬の家電品はフル稼働状態で、家電品に人も群がっています。こたつが特に多く人が集まるので、飼い猫が人間用のこたつに入っていると、たまに知らない間に間違えて蹴られてしまうことがあります。

猫が人間用のこたつに入っていることを気が付かずに、人が勢いよくこたつに入って足と猫が激突したこともあったので、飼い猫の保安上の問題から、動物専用のこたつを購入しました。購入したこたつは、ドギーマンのペットの夢こたつイエロー という商品名です。金額は6千円くらいだったと記憶しています。購入した場所は、地元のホームセンターです。

ドギーマンのペットの夢こたつイエローのレビュー

dgm

ペットの夢こたつは、猫1匹が利用するのにちょうどいい大きさなので、安全です。布団をめくってみたときの中のスペースは、大人の猫でも2匹から3匹は入れそうな感じです。こたつの上に上ることもできます。ただし、上の部分は大人の猫であれば1匹までかもしれません。手動スイッチでオン、オフするタイプのこたつです。

使ってみた感想ですが、こたつの本体の足の裏の部分と専用マットの接触部分には、マジックテープがついているので、猫が自由にのびのびと温まっていても、安定して固定されています。専用布団の裏側も、こたつの本体の足に結んで固定できるように、紐が四隅についているので、布団もこたつ本体からずれません。

dgm3

dgm2

dgm4

暖まり具合ですが、人が手を入れて、ほんのり軽く暖かいという感覚です。電気代は、環境にもよりますが、1日8時間の利用でだいたい5.3円です。猫にとって、とても心地良い暖かさに設定されているこたつのようです。ドギーマンの夢こたつを出す本格的な冬になると、人間用のこたつは、出入りが激しいですが、夢こたつにはほぼ1日中入ったままで、動きません。たまに上に上って休んでいる程度です。

赤外線ランプを使用しておらず、保護網付きなので目にも体にも優しい設計になっているので安心して使えます。かみつき保護加工もされていて、コードには特殊コーティングが施されているこたつです。人の長い爪で力強く押しても、爪の跡型さえもつきません。かなり丈夫です。

サーモスタッドが内蔵されているので、温度の急上昇や急降下なども一切なく、安定した、柔らかい温度が一日安定して供給されるこたつです。これだけ、素晴らしい機能がついているので、猫は心地よいらしく、夢こたつからあまり出てきません。

人の足と激突せずに、猫の真冬の治安確保ができつつ、快適に過ごせる商品は何だろうということにフォーカスして探した商品です。購入は6年前になりますが、毎年安定して使えています。ニューモデルがたくさん出ているようで、2014年の夢こたつは、布団の柄のバリエーションが多数あるようです。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
ラーメン朝一さん / 岩手県
公開日:2014年12月13日