フロアクッションで歩く時の犬の爪の音の解決対策

爪が細く、頑丈な爪を持つダックスフンドの爪の音を消すいい方法があります。大切な一戸建てでダックスフンドを飼うには、静かに犬を飼いたいと思います。体を休める一戸建てでは、犬の歩く時の耳に入る爪の音もなるべく小さくしたいものです。
年老いた家族がいるのなら、なおさら犬の爪の音に配慮しながら飼わなければなりません。70歳過ぎの母と父のいる3人暮らしの我が家では、ペットと楽しく暮らせる工夫をしています。

犬は鳴きますが、ずっと鳴いているわけでもありません。でも、家の中では食事をしたり、遊んだり、排便をするのに、いつでも歩き回る事になります。家の中では、犬も自由に動き回れるようにして飼っています。その犬の行動を常に把握する事は難しいものです。

フロアクッションで足音を消す

inuflo

元気の良い犬ならば、余計に多く動き回ります。ジャンプもしますし、椅子から勢いよく降りたりもします。その音を気にしないようにできるのが、フロアクッションです。最初は絨毯を敷いていましたが、絨毯は犬の体毛が中に入り込み、掃除がしずらいのです。ストレスになり、絨毯は辞めてしまいました。

何かいいものはないかと探していた時、このフロアクッションの事を知ったのです。ウッドや大理石などの色々な柄があるので、見た目はフロアクッションが敷いてあるようには見えません。色合いもよく、高級感もあります。
名前通り、クッション性があるので、音をきちんと吸収してくれます。そのフロアクッションにしてから、犬のジャンプする時のドンという音がかなり低くなりました。木の床の上を歩く時の「かつん、かつん」という音もほとんどしなくなりました。

このフロアクッションの凄いところは、犬の爪の先で傷がつかないところです。とても表面が丈夫で、爪の先で穴が開く事もありません。もっと嬉しいところが、犬が床の上で食事をして食べ物を散らかしても、さっと拭けます。

本当にマルチなフロアクッションは、犬も喜んでいます。前よりも元気良く動き回るようになり、健康になりました。ビニール臭もほとんど無く、臭いに敏感な犬にも最適です。

親もあの隣の部屋にも響く犬の爪の音がほとんど聞こえなくなったと喜んでいて、笑顔を取り戻しました。キッチンだけではなく、犬の歩く廊下やリビング、寝室まで全てフロアクッションに替えました。本当に家の中が静かになり、ぐっすり眠れるようになりました。

犬が2階で飛び回っても、その下の部屋にはほとんど爪の音が聞こえません。凄いなと思ったのが、犬の鳴き声が響かなくもなりました。2階からの犬の鳴き声が低くなり、そこも驚いたところです。

もっと犬の足音を低くした時には、毛先の短い掃除しやすいカーペットをそのフロアクッションの上に敷きます。すると、どれだけ犬が激しく動き回っても、その音が聞こえません。

犬の爪を気にする事が無くなり、犬に靴下や靴を履かせなくてすむようにもなりました。犬と思いっきり動いて、楽しいペット生活ができるようになりました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク
リロンさん / 東京都
公開日:2015年1月17日